スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
「マクベス千秋楽」
能登演劇堂で50回ロングラン公演を行った無名塾の「マクベス」。
昨日、とうとう千秋楽を迎えました。
何がなんでも!と躍起になってチケットを探し
チケットが完売してからも必死で探しまくり
ようやく地元の旅行会社のバスツアーを見つけて申し込み。
なんとか千秋楽のチケットを手に入れました。

バスツアーだったので、能登半島も少し満喫するような内容。
「ゼロの焦点」でも見られる富来の巌門や
寒い時期にしか見られない波の花も初めて肉眼で見たりと
冬の日本海を満喫しました。



バスの車窓から見た機具岩



お昼はステーキとフォアグラのお店「てらおか風舎」ですきやきを。



お肉がやわらかすぎて、どうしてやろうかと思いました。
お昼から贅沢させていただきました。



そして能登演劇堂まで移動。
ちょっと早く着きすぎたので、ロビーでまったり。



エントランスには「本日千秋楽」の幕が。
千秋楽しか見ないくせに、なんだかこみ上げるものがありました。

上の写真を撮って、またロビーのソファに腰かける。
すると、何やらスタッフの方たちが出てきて、バタバタしている。
なんだなんだと見ていると、なんとそこには野上照代さんが!!!!!!!!

私、ビックリしてソファから飛び上がってしまいました。
一人興奮して、え!え!ちょ・・・ってなってるんだけど
当然の事ながら周囲で騒いでいる人なんて誰一人としていません。
彼に
「オイ!野上照代さんだ!オイ!!!!」
って言うんだけど、想像通りのリアクション。

でもちょっと待て。
さっき私撮った写真、まさか・・・
デジカメのデータをその場で見返してみるとやはり!!!

野上さん、写り込んでるし!!!!!!!
(ブルーのスカーフを巻いていらっしゃるのが野上さん)

一人で笑ってしまいました。

ああああ。本当にビックリした。
てか誰に言ってもノーリアクションで嫌になる。
今月末に、映画上映会のボランティアがあるので、その時にみんなに話をしよう。
ちなみに野上照代さんとは、黒澤組のスクリプターをされていた方です。



そしてマクベス。
度肝抜かれました。
噂には聞いていた、観音開きの扉が開いて、屋外すらステージの一部にしてしまう舞台装置。
もうね。すんごいわコレ!
圧巻!
ステージの奥に広がる大自然の山々。
駆け抜ける美しい馬の数々。吹き込む風。木の匂い。
そこから悠々と現れる仲代達矢さんを見た時は鳥肌立ったわ!

千秋楽という事で、実は仲代さん、もう声が枯れてしまって大変な事に。
でもその声を聞いて、なおさらこのロングラン公演の壮絶さを思い知ったと同時に
年齢を物ともせずに、果敢に挑戦した仲代さんの役者魂というかなんというか・・・
もう胸が熱くなりました。

そしてやっぱり今も仲代さんは瞬きが少ない(笑)
いつ瞬きしてるんだろうって本当に思ってしまう。
それだけ役に入り込んでいらっしゃるんでしょう。
室戸半兵衛のようなギラギラ感はなくなっても
後ろへ押されるようなあの存在感といったらハンパなかったです。


若村真由美さんも素晴らしかった。
あの狂気の演技はゾクゾクしました。
蜘蛛巣城での山田五十鈴さんの演技も忘れられないですが
若村さんの狂いっぷりも素晴らしかったです。

またなぜか無名塾の役者さんたちはイケメソが多い。なぜだ!

そしてそして、地元エキストラのみなさん!
バーナムの森凄かったです。
すっかり陽も落ち、暗くなった森がざわざわと動き出す。
なんとも言えない、クライマックスでした。

本当に本当に素晴らしい演劇でした。
見られて良かった。
また絶対、演劇堂で、仲代さんのお芝居を見たい!と思います。



終演後、外には和太鼓を叩く地元の方が。
松明の炎がまた幽玄でした。
素敵な一日をどうもありがとうございました。
バンザイ、能登!



そしてお土産に買ってきたいしる。
和製ナンプラーみたいなもんです。
どうも苦手な気はするんですが
ふにゃにでも美味しい使い方を教えてもらおうと思います。
posted by ひっきー | 17:33 | 文芸 | comments(0) | - |
金沢城歌舞伎と今後の予定


昨日は会社を早退して、金沢城址公園であった金沢城歌舞伎を見てきた。
正直、歌舞伎初体験だったので、どこで拍手すればいいんだろうとか
色々不安はあったんだけど
実際見ていたら、本当に自然と
「す、凄い…」
みたいなシーンでは手を叩いていた。
そしてそれってやっぱみんな同じなんだよね。

もちろん連獅子の見せ場(髪の毛をフリフリするやつ)もすごかったけど
全てが見せ場ってくらい凄かったー。
体の芯が全くぶれないっていうか、あの安定感は素晴らしい。

あと、勘三郎さんが子供の獅子を崖に落としてからの表情が凄い!
複雑な親心があんな遠めからでもしっかり伝わってくるんだもの。
すげぇわ!

クライマックスなんてライトが落ちて暗闇数秒。
瞬間、五十間長屋がぶわーんとライトアップされ
3000人、一気にどよめく。
その城址を背に、親子連獅子が暗闇に浮かび上がって
なんとも幽玄な世界が広がる。
割れんばかりの拍手喝采。
紅白カラーの鮮やかな髪が夜風になびく姿も印象に残ります。
美しかった。とにかく美しかった…。

 
本当色々と勉強になりました!表現する事の奥深さを改めて思い知った次第であります。


もちろん歌舞伎だけじゃなくて
1部の囃子組曲も鳥肌立つくらいすごかったし
2部の太鼓もありえんかった。

お囃子を聴けばあーやっぱり三味線習いたい!って思うし
太鼓を聴けば太鼓やべぇ!習いたい!って思う基本習い事大好きのひっきーです。

また機会があればこういう企画もの、参加したいです。
楽しかったなぁ。



でも、せめて客席の床はどうにかして勾配をつけてほしい。
フラットなものだから見にくくてしょうがない。
これだけは是非改善してほしいところです。




そして今日から10月。
10月の金沢はイベントや催し物が目白押しです。
まずは金沢21世紀美術館が5周年を迎えます。
お友だちのカタノくんが何やらイベントを行うらしいので、是非行きたいと思ってます。
楽しそう。

そして同じ3連休の時には金沢園遊会というイベントもあり
その中の一環で、10月11日には「金澤きもの小町」という企画があるらしい。
着物を着てまちを歩くと特典があるというもの。
兼六園の茶会の席が無料になったり、加賀友禅の着物ショーが見れたりするらしい。
マジ!行きたい!と思って着物友達に即メール。
でも自分のスケジュール帳見たら11日は着物ショーって書いてあった。
私、どうやらこれ出る方みたい。
という訳でイベント参加出来ないじゃん!!!

でも11日は5タウンの方でもイベントがあって
何やら野宮真貴嬢が来るっぽー!
これはヤバイ。行かねばなりません。
でもいくら調べても詳細が分からん。はやくUPしてくれ。

という訳で、3連休あたりはとても忙しくなりそう。

その前の週も次の週もファッションショーの仕事が入っており
金沢ファッションウィーク突入です。
忙しくも楽しい秋、到来。 
posted by ひっきー | 16:58 | 文芸 | comments(0) | - |
まさかの雨女


本日は心待ちにしていた金沢城歌舞伎です!
会社は早退。ヘヘ。
屋外で金沢城を背景に、中村勘三郎親子の連獅子。
ぎゃおー。むねがたかなる。わなわな・・・

だがしかしだ。
こちら金沢、ただいまめちゃくちゃ雲行きが怪しいです。
午前中はぶっちぎりで雨降ってました。
何が着物で行こうだ。
行けないー。
くやしいー。

てかまた、まさかのカッパー!?
そういや国立豪雨からちょうど1ヶ月。
笑えるわ。
月イチでカッパかよ。

あーそしてたった今、上演が決定したー。
明日に延期でも良かったんだけど正直ー。

まぁいい。まぁいい。
昨日行ってきた友達は相当寒かったと言っていたけどまぁいい。
カッパ着るからいい。

12歳の時に恋をしていた中村勘三郎(当時は勘九郎)さんに会いに行きます! 
七之助もたのしみ!

テンション上がっちゃったらまた携帯からアップします。
posted by ひっきー | 16:26 | 文芸 | comments(2) | - |
おんなの執念



執念でマクベスのチケットを手に入れた・・・!!!
チケット定価の倍以上で!!!!
ま、ツアーなんですけどね。
一応日帰りツアーなんですけど、出来れば自力で行きたかった。
終日拘束されるとなると、着物がキツイんじゃないかという懸念が。
ここもまた執念で着物で参加するつもりですけど。
(彼氏の猛反対に合わなければ)

しかしスゴイ。
チケット手に入れた事も自分でスゴイと思うんだけど
なにより手に入れたチケットはA席のオーラスですよ、オーラス!!
あ、オーラスって千秋楽って意味ですけど。
これ絶対プレミアムチケットですよ。
予約入れた時は残り2席でした。
超あぶねー。

でもなんとか無事手に入れる事が出来て、本当にホっとしています。
オーラスまでに一度演劇堂に行ってこようと思います。
アレですよ、アレ。まさかの入り待ち出待ち。
公演中は音漏れ組と化します。 (漏れねーよ)


9月にはショーが1件追加になり、この秋は本当に忙しそう。
この勢いで痩せてくれればいいのに。

posted by ひっきー | 14:26 | 文芸 | comments(0) | - |
秋の催し
9月18日から11月15日まで能登の中島町で「マクベス」のロングラン公演があるんです。
あの仲代達矢が75歳にしてマクベスを演じるという事で、しかも能登限定上演という事で
ニュースを見た時は超テンション上がったんですけど
能登だし、ロングランだし、チケットはまぁそのうち…
なんて考えてたら、あっという間に良席はほぼ売れちゃっててビックリ。
かなり焦る。
でもこの期間てあの・・・嵐のコンサートとかが、あの・・・10周年だし・・・
11月3日がデビュー日だし、ツアーとかそろそろ・・・日程の方を―――

出 し て も ら え ま せ ん で し ょ う か ね どんっ

もう予定が全く立たないんですけども!
しかも9月29日と30日は、なんと金沢城址公園で歌舞伎が上演されるんだって!
中村勘三郎親子で「連獅子」だって。
歌舞伎見た事ないから超観たいんだけど!!!
しかも中村勘三郎なんだけど!!!
(NHK大河ドラマの「武田信玄」で今川義元役で出ててファンになった)
七之助は潤と仲良しなんだけど!!!(今必要でない情報)
すっごい観たい、すっごい観たい!

それから10月はショーの仕事がすでに入ってきていて、週末はもしかしたら身動き取れないかもだし
平日もかなり有給休暇を取らなきゃいけない。

ってんで、頼むからツアー日程を早く出して下さい。
本当にお願いします。
ここ最優先で動きたいのに、早く日程出してくれないもんだからどんどんヤバくなってる。

11月以降のツアーだっていうなら別に構わんけどさ。
あ、10周年て11月3日から10周年が始まるのか?
て事はまだまだ先だと思ってていいのかな?
どうなんだろう。どうなのよ!


ところで、誰か一緒にマクベスもしくは歌舞伎行きませんか?
誰も一緒に行ってくれない予感でいっぱいです。
まぁ恐らく無理やり彼氏が引っ張り出される羽目になるんでしょうけど。
posted by ひっきー | 14:18 | 文芸 | comments(5) | - |
金沢能楽美術館
去年だったか一昨年だったか、まぁ比較的新しいという事が言いたいだけなんですけど
21世紀美術館のほんの近くに「金沢能楽美術館」というものが出来ました。
出来た当初は正直、なぜこんなもの?と思った。
ていうか昨日までそう思ってた。

「蜘蛛巣城」を観たらちょっと行ってみたくなった。
黒澤監督って本当に多彩な方だったんですね。
私、これから能を見るよ!
金沢能楽美術館に行っても能は見れないっぽいけど
石川県立能楽堂に行けば能が見れるっぽいな。
場所調べてみたら超高校の近くだった。
そんなものがあったなんて知らなかった…!
学校の近くにこんな伝統芸能に触れる事の出来る場所があるなら
教育の一環として連れていってくれればよかったのに!
なんだよあの高校!!!
ミッションスクールだけどさ!

まぁいいや。
県立美術館も綺麗になった事だし、今度行って来ようと思います。
黒澤監督のおかげでどんどん日本文化が好きになるよ。
日本て本当にいい国だなぁ。
posted by ひっきー | 16:02 | 文芸 | comments(0) | - |
「WEST SIDE STORY」
「WEST SIDE STORY」 2005/01/09 大阪厚生年金会館

人生初となるミュージカルを観て参りました。「WEST SIDE STORY」。それゆえに拙い表現なんかがあるかと思いますが、ミュージカル初心者の感想と思って読んで下さると嬉しいです。


自慢とかでなく、今回千秋楽を最前列という、もったいなくもありがたい席を頂きまして、かなり喜んでいたのですが、「観劇」という観点からすると、決して手放しで喜べる席ではないなと思いました(ぶっちゃけ、潤くんを堪能出来た事に関してはウハウハなんですけど)。映画を最前列のシートで観る感覚ですよね。舞台全体を視界に納めるのが不可能という感じなんです。例えば、トニーがマリアのバルコニーに忍び込んで「トゥナイト」を歌うシーンなんかは首が痛くなったし、二人の表情も全然見えないし、ものすごく変な感じがしました。またダンスシーンや、ジェット団とシャーク団の抗争シーンも首を右に左にとせわしなく動かさなきゃ全部見られないような状況で、私は単にシャーク団の方を観ていればよかったダケなので大丈夫でしたが、一緒に行った母親なんかはちょっと大変だったみたいです。全体を観た感じはまぁそういう訳でちょっと近すぎたかな、って感じでした。何度も言いますが「観劇」という観点から話をしているので、いい席座っといてそれはないダロ!とか思わないで下さい。もう本当に本当にいい席頂いて大感激だったのは間違いないですので。


で、肝心のミュージカル自体の感想ですが。私的にはかなりよいミュージカルだと思えたので、鑑賞後は大満足で劇場を後にしました。映画の方は実はとても嫌いで、愛を描いた映画とかいう割に愛を冒涜しているような展開がもう最悪。ベルナルドの死を悼む人物が出て来ないところとか、アニータがジェット団に暴行を受けるところとか、自分の事しか見えていないマリアとか、女として大事な事を忘れてしまっているジェット団の女とか、数え上げればキリがないほど嫌いなところの多い映画なんですよ。なので本当はミュージカルも絶対に心から感動出来ないんだろうなと心配ではあったんですが、そこはクリア。映画にはなかった、ベルナルドとリフの死に対する哀悼の気持ちが控えめに描かれていて、その控えめさがまたとても好印象でした。


それから歌とダンスについてですが、問題の種であった櫻井くんが私的には意外に大健闘。思っていたよりも全然歌えていたし、ちょっと本当に失礼だけど笑ってしまいそうになった事もありましたが、始終笑いを堪える事を想定していた私にとってはある意味肩透かしとでもいうか…(何を期待していたのか)。ダンスもそれほど気になるところもなく、っていうか、本当に歌の方にばかり神経を集中させてたので、ぶっちゃけるとあまりダンスは覚えてません。てへへ。

智は貫禄を見せ付けたというか、嵐の中ではダントツに上手かったなぁと思いました。智のダンスになるとジェット団の中でもやっぱり目を引いたし、存在感があった。歌ももともと上手だから安心して聴いていられました。ただ、台詞になると声がこもるというか、少し聞き取りにくいなと思いました。それだけが残念。あとは、少し痩せた方がいいかも。って初めて思いました。ぽちゃ智は大好きなんですけどね。舞台の時は少し引き締まってるくらいがいいと思います。

潤くんは最初に出てきたところからすでに鳥肌。オープニングにスポットを浴びてダンスするところは圧巻でした。うわあ!この人やっぱりかっこいい!!みたいな。目がハートでしたね。ダンスは普段のクセがすっかり抜けていて、いつものちょっとクネクネした感じが好きなんですけど、それを排除しきった潤くんはさすがだと思いました。普通、ニュートラルな状態に持っていくのってすごく努力の必要な事だと思うんですが、それをやってのける潤くんはやっぱりかっこいいなと思いました。ただ見せ場があまりにも少なすぎ。歌もないし、ダンスも少ないし、映画でもベルナルドはインパクトの割に出番が少なかったな…と今になって思い出した感じです。潤くんもその少ない出番をインパクトで充分にカバーはしていたと思いますが、やっぱり潤担としてはもう少し見せ場がほしかったなぁ。あとは役柄上仕方のない事だとは思うんですが、妙に女に慣れたような仕草がまだ似合わないっていうか、今の年齢ではやっぱりちょっと無理があるなぁ…なんて思っちゃいました。潤くんも言ってたけど、何十年後とかに再演されたらまた面白いだろうな、とは思います。

嵐の3人に共通して感じた事は、肺活量のなさ。肺活量なのかは分からないですが、やっぱり声が細いなぁと思いました。それに比べ、斗真はめちゃくちゃ声が通るし、台詞も聞き取りやすいし、舞台向きの子なんだなーと思いました。斗真は昔から結構好きなんですが、生で見たのは今回が初めて。あまりの整い顔にちょっと心奪われる事もありました。いい男に成長したなぁとしばし見惚れてみたり…。なかなか素敵でした。でも私にはやっぱり潤くんなんだよね。なんでか分からないんだけど。やっぱり潤くんが大好きだなぁ。(ある意味どうでもいい呟き)あとは、ああいう舞台で見ると、嵐の3人は意外に背筋がピンとしてないなと感じました。ウォーキングとかかっこよかったら潤くん、パーフェクトだったんだけどな。・・・ってそこまで強要するのは酷だし、本当に私の好みの問題なダケなんですけど、ちょっと気になったので書いてみました。
それから、宝塚のお二人もさすがという感じで、本当に櫻井くんをリードしてくれてありがとう!という気持ちでいっぱいです。ダンスも立居振舞もまさに本物を見せ付けられた感じ。宝塚にはあまり興味がないのでよく分かりませんが、とても素敵でした。
posted by ひっきー | 17:06 | 文芸 | comments(0) | - |
Search this site