スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
TMGE「WILD WILD SABRINA HEAVEN TOUR」
TMGE「WILD WILD SABRINA HEAVEN TOUR」 2003/06/10 EIGHT HALL

数年連続で外れていたミッシェルのチケット。
ようやくようやくゲトる事に成功です(号泣)
フェスでしか見た事なかったミッシェル、ようやくワンマン初参加です。
会場は金沢のEIGHT HALL。
ひっきー御用達のAZ HALLよりも一回りくらい大きい感じ。
EIGHT HALLは出来て間もないんですが、それまでミッシェルはAZでやってたんですね。
ハコが大きくなったらかようやくチケットも取れたのかな?



会場入って一応行けるだけ前へ。
結構かき分けて行けるものですよねー、これって。
その変わり、ちょうどモッシュピットあたりまでしか行けないのよね。一番キツイ。
私達はウエノ側に陣取る事に。



んでライヴ開始。
チバがめちゃくちゃかっこいいったら!!!
ギャーですよ、ギャー。黒のスーツでなんか見た目暑そう。
でも汗だくスーツでこそロック(マジ?)
ギューンて音が鳴って、最初は鼓膜が破れるかと思った。
始まって2曲過ぎた辺りから、人が倒れはじめる。
すっごいの。担がれて出ていく人、お姫様抱っこで退場する人、引きずられて出ていく人…
友達なんて白目むいて運ばれていった人を見たって言うんですよ。
確かに凄かったんですけど。
何がすごいってモッシュとかダイヴとかじゃないの。


熱いの!!!(若しくは暑い)


モッシュも多少あったんだけど(てゆーか普通にあったんだけど)
モッシュの辛さよりも熱さ!これが一番キツかった…。
脱水症状起こしてプラス酸欠、みたいな。
軽くトランス状態です。
んでミッシェルはマジでかっこいいし、どうなっちゃってんだろうって感じなのよ。
そりゃ「脱げ」って言われたら脱ぐわな、なんて変なところで納得。


私はウエノ側にいたので、ウエノ、チバ、ウエノ、ウエノ、チバ、ウエノ…ぐらいで観察してたんですが
ウエノのウッドベースはマジよいねー。
楽器を鳴らしてるって感じじゃないの。自分の中から音出してますって感じなの。
ベースがもうすでに体の一部になっちゃってるみたいな。
本当かっこよかった。挑発もすばらしかったし。
ウエノのインアウト動作にはグラグラきました本当。


チバはピアノ演奏も披露してくれたし、本当かっこいい。なんなの、あの男は!
jesseも相当体力あるけど、ミッシェルのみなさんもさすが百戦錬磨って感じでした。
ライヴに慣れてるとかそういう感じでなく、すでに日常です。みたいな。
だからって手を抜く訳ではなく、ほとんど一定のテンション保ってる雰囲気を受けました。
こっちは本当ついてくのがやっと。
Tシャツはすでに汗だく。まさに水浸し。
ジーンズは体にぺったり張りついて、しゃがむ事も出来ない。
ない乳の谷間を汗が激流となって流れていって、顔もすごい。汗がひっきりなしに流れていく。
流れるというよりもむしろ、したたる。ボタボタ落ちる。
いつもは結構周りの人の汗とか気になるんですが、今回はもうそんなのどうでもええわい状態。
アンコールの頃にはたまらず壁際に置かれたベンチにどっかり座り込んでしまいました。
せっかくのシスコも座って聴くはめに。
曲は主に「サブリナヘヴン」から。 過去の曲はほっとんどやりませんでした。
てゆーか、私アルバムは全部持ってて、アナログだってそれなりに持ってるのに
どうして1/3ほども知らない曲があるんだ!!!!!!!
って、愕然としたんですけどね。今になって分かった。
ライヴの日にはまだ発売してなかった「サブリナノーヘヴン」の曲をやってたんかい!
今からライヴやるところはもう曲知ってるからいいよね〜。
なんか少し損した気分だよ。


そんな感じでミッシェルワンマン初参加。
めちゃくちゃ印象深いライヴになりました。
あんな別の意味で辛いライヴは初めてでした。
こういうライヴの熱さもあるんだなー、暴れるだけがライヴじゃないんだなーと思いました。
また金沢に来たらライヴ行きたいです。
無事チケットが取れるといいけど。
posted by ひっきー | 14:49 | ライブレポ | comments(0) | - |
「REIGO5追悼ライヴ」
「REIGO5追悼ライヴ」 2003/06/06 b-FLAT
出演:RIZE、TICK、宇頭巻、G-FREAK FACTORY 他

滋賀県に行ってきました。とうとうRIZEでも遠征開始。てゆーか、もうさすがにアメリカには行けないけど。
今回は、もうしばらくRIZEは見れないって事で参加しました。妹もちょうどRIZEに興味持ち出したみたいだったので、一緒に行きました。妹とライヴなんて初めての経験です。ちょっとウキウキ。でもREIGO5という人の追悼ライヴという事で、REIGO5の事も全く知らずに行くのもどうかと思ったので、一応調べて行きました。皮肉な事に、REIGO5は石川県の人でした。REIGO5がヴォーカルをつとめていたバンド、TICKは石川県のバンドだったんです。全然知らなかった。今まで追悼ライヴなんて行った事ないし、私は単にRIZEに会いたいってダケで参加するんですが、追悼ライヴとしてどうなのかと思ったり、色々悩みました。だからってしんみりしたライヴなんて聞いた事もないし。とりあえず、ぶっちゃけ、RIZEが見たくて参加しました。


滋賀県には13:00頃到着。迷わずに行けたのが奇跡。あっくんの誕生日プレゼントに買った地酒を持って会場へ。おー。いる、いる。ギャルがいっぱいだー。妹に「ねぇ、おねえ最長老かな?」と聞いたところ「いや、大丈夫やろ」との返事。よかった。RIZERはおねえ系もいっぱいだぁ。さすがじぇしぃ。待ってたら色んなバンドが続々到着。でもRIZEは来ない。きっともう入ってしまったんですね。私達が待ってる時に入っていったバンドは宇頭巻とか暴頭、G-FREAK FACTORYなんかです。頭の中RIZE一色の私は、宇頭巻すら識別不能。目の前でドタドタがやがややってても本当、ただのにいちゃんたちぐらいにしか見えなかった…。


もう待てども待てどもRIZEは出て来ないし、そろそろ時間も危ないし、まさか酒持って会場入れないだろうって事で、仕方なく酒を車に置いてくる。会場の前で仲良くなった女の子と会場のある8Fまで一緒に行く。んで順番並んでたらjesseいるし。普通にいるし。キャーじぇしぃ!目がハート。でも私たちの前に並んでた高校生4人に全部持ってかれる。残念。んで大人しく並んでたらどんどん人がくる。客も出演者もごちゃまぜ。何がなんだかさっぱり。そんなごちゃごちゃに紛れて普通にナカとかいるし。アッレー?ナカだ!みたいな。U-ZOに至ってはしばらく気づきませんでしたから。んであっくんも!!!めがね!めがねしてる!22歳のあっくんだ!!!キャー。並んでる客に順番ずつ握手してくれる。ウッソ!マジで?先に妹が握手。んで私握手。「今日頑張って下さい!」「ありがとう!」・・・めっちゃ笑顔!めっちゃアイコンタクト!めっちゃ恋する二人!どどどどうしよう。やっぱり孕んじゃう☆クッソー。酒持ってくればよかった。マジショック!「お誕生日おめでとう」って言ったら「ありがとう。じじぃになってしまった…」ってオイ!お前私の前でそんな事言うなっつの。あんたじじぃやったら私、何?でもあっくんにおめでとうって言えて本当良かった。でも…酒…。


会場に入る。なぜか韓国から来たRIZERは先に入場。日本人では私は5番目に入場。キャー!ひっきーの定位置空いてる!左側最前列確保。オッシャー!妹と気合入れる。ソッコー雷図ユニフォームに着替えて戦闘体制に入る。周りはRIZE Tシャツ着た子しかいないってくらいRIZERだらけ93%RIZERじゃ…。そしてその中の86%女じゃ…。て感じ。しばらくしてライヴ開始。


>>grap69tribe
滋賀のバンドなのかな?今回の出演者の中で紅一点。女性ヴォーカルでした。でも音はミクスチャーっていうかラウド系っていうか。でもヴォーカルはめちゃくちゃファルセットとか使ってて、その使い方が林檎とか矢井田とかああいう独特っぽさ漂わすぞ、みたいな。ああいう感じ。でも嶺川貴子(ってこんな字だっけ?)みたいにかわいいの。音とヴォーカルのアンバランスさが良かったです。でもノリにくかった…。



>>暴頭(ENROUGH)
「ぼうず」って読むのかとおもったら「いんらふ」って…。よう分からん。全員お揃いのバスケユニフォームみたいな格好で登場。MC二人、あと楽器。MCは一人はなんちゃってkjみたいな感じ。もう一人は田舎のツッパリみたいな。音はやっぱミクスチャーっていうのかなー。もうジャンルとかよく分かんないです、私。ジャンル分けするの嫌いだし。だから何系とかよく分からないけど、とりあえずうるさくて飛び跳ねる感じです。これがめちゃくちゃ楽しいの。面白いの。なかなかに客もノッてました。こりゃ面白い。ちょっと好きになった。終わってから妹が「たのしー★」と言ったのを聞いて、なんか連れてきて良かったと思いました。



>>LOT
これもうるさい系の音でした。でも全然ダメ。私的にダメ。妹的にもダメ。何がダメってヴォーカルがダメ。肺活量なさすぎ。楽器の音に負けちゃって、声が全然聞こえない。煽るのも苦手なのか、あんまりやる気を感じさせない。ヴォーカルはシャイじゃダメだ!



>>SOUND極ROAD
言い忘れてたんですが、今回のイベント、入れ替えの時普通に自分らで楽器セッティングしたりバミったりしてるんですよ。なんかかわいくて、そして愛しいんだ、これが。普通スタッフさんがするんですけどね。もちろんスタッフの方も手伝ってましたけど、バンドメンバー自らがセッティングしてました。面白い。んでこのバンド。セッティングする時まず初めにしたのが「香を炊く」!うを〜。何?何?なんか面白い!(ちなみにバニラでした)すごい大人数のバンドでした。妹が私に「ねぇ。あの人、櫻井翔太らせた感じやな…」と耳打ち。・・・。ま。確かに(笑)櫻井にはちょっと失礼だが、なんとなく分かる。「そ…そうやね(笑)」それ以来妹はそのなんちゃってふっくら櫻井翔が気になって気になってしょうがないらしい。ライヴが終わった頃には恋してました。本当、恋って盲目ねぇ。櫻井にほんの〜り!隠し味程度に似ているってダケですよ!
話が非常に反れましたが。このバンドはなんだ。ドラゴンアッシュやらHYと同じような匂いが少しするような、そんな音でした。ヴォーカル上手かったです。でもREIGO5を尊敬していたらしく、相当参ってる感じでした。天国のREIGOにもアンタの歌は届いたと思うぞ。



>>G-FREAK FACTORY
今までのバンドの雰囲気から一変。レゲエです。しかも全員なんとも言えない中近東顔!(全員ではないか…)もう私のストライクゾーンど真ん中なんですがーーーーー!!!!!!とくにヴォーカル!ちょっとあっくん似のヴォーカル!かっこいいいいいいい!!!!!ドラムもかっこいいいいいい!!!!!ここ、見た目かなりヨシ!歌始まったら歌もかなりヨシ!ヴォーカル力強い。体でかい、アクションでかい、見ごたえ充分。歌詞がまた非常にイイ。最後の曲はタイトル忘れたけど、本当グサっとくる。確実に胸に突き刺さる何かがある。すごく良かった、このバンド。CD探してみようと思います。レゲエ聴かないんだけどね。私。でも聴いてみたいと思える、いいバンドでした。こりゃ得した気分。



>>宇頭巻
ぐをををを。大変!大変です!今まで結構余裕で見てられたのに、こっからですか。あばら折れるーーーーー!!!!息出来んーーーー!!!!どうなったのかと思いました。一瞬、本当頭真っ白になりましたもん。ゲーって。宇頭巻、初めて聴いたんですが、あんまり好きなタイプのうるさい系ではなかったです。好んでは聴かないだろうなっていう。でもライヴはめちゃくちゃ楽しかった。人数がやたら多くて(多く見えただけかな?)ステージの上が楽しそうで、かっこいい人もそこそこいて。見ごたえ充分。最後はfeat.竹中空人で出してる曲をやってくれました。一応。竹中空人ってjesseの事です。jesseの日本の名前。これまた尋常じゃない盛り上がり。普段宇頭巻のライヴでもRIZEのライヴでも聞けないですからね。こういうイベントならではだから。盛り上がりも半端なかったです。楽しかったぁ〜。最後、獣さんに「楽しかった。ありがとう!」って言ったら握手してくれました。左手だったけど(笑)機会があればライヴ行きたいです。楽しかった。
そうそう。途中のMCでREIGO5について語ってくれました。人間は生きてる長さが重要じゃなくて、どれだけ濃く生きたかが重要だって言ってました。REIGO君はうんと濃い人生送ったって言ってました。REIGOくんていう人、本当、どんな人だったんだろう…。一つだけ分かるのは、沢山のミュージシャンに尊敬されてたって事。



>>RIZE
RIZEです。RIZEもちゃーんと自分たちで楽器セッティング。うわー。貴重。セッティングしてたらナカ、スタスタと右側へ。え?・・・。私の前でセッティング始めるU-ZO。え?・・・。あれ?私の定位置…。ナカの前なんだけど…。あれーーーーーー!!!!!!!!!!!!!(怒)ま…まぁいいか。たまにはU-ZOの前でU-ZO見てやれ。あっくん、マイシンバルかかえて登場。まだめがね。アレ?今日めがねで太鼓叩くの?嘘?なんか意外…。
はいはいはい。セットリスト。うろ覚えですけどね。
Far Eastern Tribe
KIDS
WARP
日本刀
GUN SHOT
カミナリ
確かこれだけ。もしかしたらあと1曲くらいやったかな?って感じ。KIDSでじぇしぃ、私の前に来たから「こい!」って煽ったらスゲー形相で(笑)こわ〜。でもかっこい〜。みたいな。あっくんは魅せ場が少なかった。というよりソロとかなかったし、ちょっと残念。あっくんのドラムプレイ、もうしばらく見れないんだなー…(寂)日本刀もめちゃくちゃ盛り上がったし、ガンシャもやっぱり盛り上がる。ガンシャの時にはぐわーーーってじぇしぃが客に迫ってきたんだけど。その時もやっぱまたほっぺさわっちゃった★しかも今回。両手で挟んじゃった!(キャ〜)逆の客に迫っていった時なんか、最前の女の子、じぇしぃの下半身に抱きついてましたからね。うわー!って(笑)さすがの私もアレは出来ん!目の前じぇしぃの股間だった時、思わずほほ赤らめて俯きましたもん。無理!ひっきーは抱きつけない!・・・ま、負けた…。カミナリではじぇしぃやっぱ客に向かってダイブ。ええなぁ。一回でいいから、じぇしぃもみくちゃにしたいわ。てゆーか、今回、ダイブがなかった。男が少なかったってのもあるんだろうけど、RIZEのライヴでダイブ見なかったの初めて。じぇしぃしてたけどね。んで、いつもと同じ、カミナリで締め。最高でした。jesse、本当気持ち良さそうなんだよね。ライヴ中。恍惚としてるよね。マイクにキスするは、スピーカーにキスするは、本当公開セクースだね、アレは。いや、本当に。やっぱRIZE最高だぁ。
んでjesseから一言。「親より絶対先に死ぬな。お前ら必ず生きて帰れ。」
RIZEのライヴが終わった後、ぐわーーーっと客がひいてしまいました。TICKだよ?今からTICKだよ?なんかちょっと胸がチクっとなりました。



>>TICK
人が恐ろしいほどはけてしまって、RIZERとしてなんか非常に寂しかった。RIZE目当てで来たのは私も一緒さ。でもライヴは最後まで楽しもうよ。PAULさんていうメンバーが「RIZEが終わってもまだこんなに沢山の人が残ってくれて嬉しいです」と言ってくれたんですが、それがなんかますます苦しかった。私の横には多分遺族の方たちだと思います、お父さんやお母さんらしき方もいらっしゃいました。
REIGO5の代わりというか、代理のヴォーカルで、ノブさんという方が。伸びのいい、R&B調の、素敵なヴォーカル。TICKは音がどことなくJAZZYな感じで、HIP HOPとかまたまたジャンルは良く分からないけど、でもなんかスマートでスタイリッシュで、大人な感じがしました。ぶっちゃけ、私の好きな音です。気持ちよく体揺らせるような、いい音でした。
ノブさんがヴォーカルで3曲。宇頭巻を迎えて1曲。もともとインストだった曲に竹中空人が詞をのっけて1曲。最後は生前のREIGO5の映像と一緒に「志」という曲で締め。jesseがインストに詞をのっけた曲、これ、多分みんな泣いてました。非常にいい詞でした。体動かすのも忘れて、私、俯いて、じっとjesseの言葉を聴いてました。鼻がツーンと痛くなりました。jesseは曲が終わってから「男が泣くのはかっこ悪いかも知れないけど、俺は泣きたい時は泣く。それが嬉し涙の時もあれば不安な涙の時もある…」そう言って言葉をつまらせました。jesse、泣いてる。あんな負けん気の強いjesseが泣いてる。私はもらい泣きはしませんでした。でも「不安な涙」を流す時もあると言ったその言葉の奥に、アメリカへ行く事への不安を垣間見た気がしました。ゼッテーRIZE待ってよう。心からそう思った瞬間でした。
最後の「志」という曲で、REIGO5の声を初めてききました。言葉を初めてききました。これは…。何かを動かす原動力。誰かを動かす力。不思議な力みたいなものを感じました。知らない間に妹が私の腕に手を回して、二人で腕を組んでいました。そして二人でお尻をぶつけて体揺らしてました。隣に妹がいる幸せ。今、この空間にいる幸せ。今日この音に出会えた幸せ。REIGO5はもういないけど、今この音に出会えて私よかった!そういう感じ。今からでも全然遅くない。REIGO5の言葉、もっと沢山聞いてみたい。素直にそう思える、なんとも不思議な、不思議なライヴでした。「志」が終わると、会場からバーっと拍手が。みんな絶対何か感じているんだと思う。私と同じ何かを感じているんだと思う。シンとなった会場に向かってjesseがまだちょっと鼻のつまったような声で「しんみりしてんじゃねーぞ!」って強がりを言うので「じぇしぃもね!」って言い返してやった。「俺は…俺は…」って言葉を濁すじぇしぃ。かわいいな。泣きたい時は泣け!私も泣く。



出待ち。ちゃっかり出待ち。そしてRIZEのみなさんとまた写真を撮ってもらいました。ナカ、相変わらずやさすぃ〜。「今回なんでU-ZOと立ち居地逆だったの?えー!なんでナカあっちなのー?ってすっごい悔しかったんだけど」って言ったら「ごめんねー。今回他の出演バンドに合わせなきゃいけなくて…ごめんね」って。抱きつきたい気持ちを必死で押さえましたわよ。U-ZOとも今回普通に喋ってみました。U-ZOはよく「ファンを見下してる」とか「無愛想」とか言われるけど、そんな事ないなと思いました。無愛想に見えるのは顔の表情のせいなんだろう。きっと。あっくんは怒ってました。一部の、ちょっと常識のなさそうなファンに怒ってました。ほんのちょっと怖かったです。でも一緒に写真撮ってくれました。あっくん、どうもありがとう。じぇしぃとは少し長めに話せました。jesseは「今俺が死んだら、それはそれで少しは悔しいけど、でも満足だよ。こんなに沢山のファンに囲まれて、俺は今幸せだよ」ってファンを見渡しながら言ってくれました。「私も今幸せだよ」って思わず言っちゃったじゃないか。じぇしぃの男前!それから「TICKの存在、じぇしぃのおかげで知る事が出来た、ありがとう」って言ったら「もっと沢山の人が聞くべき音だ」と言って握手してくれました。握った私の手を、もう片方の手で撫でてくれました。「手が冷たくなってる。あったかくしてあげる」と言って何度も撫でてくれました。めちゃくちゃ照れてしまいました。じぇしぃ、ありがとう。
それからSOUND極ROADのメンバーにもお礼を言いました。いいライヴだったらか機会があれば金沢にも来てね、と言ったら、ただでCDをくれた(笑)ステッカーもくれた。大事にします。どうもありがとう。


帰りの車の中で、運転しながら何度か眠くなって意識がうっすらしていったんだけど、そのたびにjesseの「生きて帰れ」って言葉となんども手を撫でてくれた事を思い出し、そのたびに目がらんらんとしたひっきーでした。無事生きて帰ってきました。これから先もまだまだRIZEを見守っていかなきゃいけないし、まだまだ死ねない。会場の全員で、REIGO5の分も生きるって約束したしね。あの会場で同じ時間を共有した人たち、ほんとうにいい時間を一緒に過ごす事が出来ました。本当、どうもありがとう。いいイベントに参加出来ました。最後に、REIGOにも最大級の、ありがとう!
posted by ひっきー | 14:52 | ライブレポ | comments(0) | - |
雷図の雷舞。
ドンドコドコドコ…

RIZEサイコー!

もうコレしか言えないね、今は!!!
キャー。
もうすっごいすっごい興奮しています、ひっきー。
体中がアザだらけであろうと(過去最高にアザ作っちゃった☆)
全身筋肉痛であろうと(普通に歩けません)
そんな事本当にどうだっていいんだ、俺は!!!!!!!

あっくん好きすぎる…。
本当大好きなんだけど。
あっくんが…あっくんが…。
あっくんがねーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!
かっこよかったのーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!

ひっきー、あっくんとお喋りしたの!
じぇすぃ〜ともお喋りしたの!
ナカともお喋りしたの!
ゆーぞーともお喋りしたの!
つか、全員とお喋りしたんだって!
ギャーーーーー!

てゆーかね、お喋りどころか
全員にサインもらったし、全員と写真も撮ったの!!!


ライヴ中もすっげーーー対応良かったの!!!
指さしされるはピースくれるは笑顔振りまいてくれるは…
もうもうもう!!!
最前サイコー!
本当2days行って良かった。

じぇしーにね。「昨日も来てたね。右の方にいたでしょ?ありがとう」って言われたの!
てゆーか、もう本当まだ頭の中が全然整理されてなくて…。
レポ書きます。
日記じゃなんか限界。
書きなぐってるだけだし。 
posted by ひっきー | 12:27 | ライブレポ | comments(0) | - |
Search this site