<< 3月のネイル | TOP | 韓国旅行記2日目【ソウル駅、南大門〜夕食】 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
モダン・タイムス
JUGEMテーマ:映画
今年初の映画鑑賞・・・!!
これでチャップリンの"主要"作品もようやく見終えた感じです。
この作品も他作品同様、時代を風刺した作品ですが
当時の事をよく知らない私にとってはあまりピンと来ず。
ただ「独裁者」の例もあるので
この作品も相当パンチの効いた風刺作品だったんでしょう。

個人的にはローラースケートのシーンと
ラストシーンが非常に印象深く
"シーン"の持つ力をビリビリ感じる事の出来る作品を見ると
やはり映画ってのもの素晴らしさを痛感します。
あと音楽も印象的だし
チャップリンの作品て案外多かったように感じるんですが
主人公の女性がカメラ目線て事が多くないですか?
珍しいですよね。
でもその目ヂカラが作品そのものの力にも繋がっているように感じます。

評価は☆3.5
2012.3.17DVD鑑賞
 
posted by ひっきー | 14:47 | 映画全般 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク | 14:47 | - | - | - |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://ape.jugem.jp/trackback/832
トラックバック
Search this site