<< 2月のネイル | TOP | 韓国旅行記2日目【三清洞〜北村】 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
韓国旅行記2日目【宗廟〜昼食オンマウル】
JUGEMテーマ:韓国旅行

翌朝は9時半にホテルを出発。
新沙の駅からまずは安国(アングッ)に向かいます。


安国に着いて、まずは世界遺産の宗廟(チョンミョ)を目指します。
地図を見ながらてくてく歩く事、数十分。
なんだか雰囲気のよい石壁が見えてきました。
韓国に着いてからまだ現代的なものしか見ていなかったので、突然テンション上がる私。
ようやく海外に来た!という実感が。

この石壁をぐるーりと回り込んでいくと、突如として現れた朱色の門!
宗廟に到着です。
キャー!韓国!



チケットを買い、早速中へ…!と思ったのも束の間。
なんだか自由に入る事が出来ない雰囲気。
よく見ると周りはほとんど日本人。
ちょうど11時から日本人が入れる時間になるらしい。(時間によって入場者を制限している模様)
時計を見ると、10時50分。絶妙なタイミング!
時間が時間なら、入れないところでした。

この入場者制限は、ボランティアガイドさんとの関係があるようで
日本語のガイドさんが付いて、中を案内してくれました。
私にとってはとてもラッキー。
やっぱり現地の方の色んな話を聞きながら遺産めぐりをしなきゃ、面白さも半減ですからね。

この宗廟は歴代の王様が眠るお墓です。
しかも偉業を残した王様と、そうでない王様とでは、お墓のエリアが違っていたりします。
この長ーーい建物に順番に王様が眠っています。
お墓が必要になるたびに増築を繰り返したそうで
右側と左側では柱の形が違っていたりするそうです。面白い。

宗廟で1時間以上費やしてしまったため、時間はすでに12時を過ぎてしまう。
この後本当ならば昌徳宮(世界遺産)に行く予定だったのですが
時間が大幅に遅れてしまったので、泣く泣く予定変更。
三清洞(サムチョンドン)の方へ向かう事に。
ようやく昼食です。

お昼に選んだのは、スンドゥブチゲのお店「オンマウル」。



家庭的なお店といった風情。
亭主はここを楽しみにしていたらしく、はりきってスンドゥブチゲをオーダー。
私はビジチゲと言って、おから豆腐のお鍋にしました。
もちろん沢山のおかずが無料で並びます。
ご飯はもち米を炊いた、日本で言う赤飯みたいな感じ。
そしてお茶はトウモロコシ茶!
本当にコーンの味がして、香ばしくて美味しいー。

お鍋の方も当然ながらめちゃくちゃ美味しい。
ビジチゲはそんなに辛くもなく、かと言って淡泊でもなく。
ヘルシーで体に良さそう。しかも体の芯からあったまる。
この寒空の下歩いてきても損はなかったと実感。

お値段はチゲ鍋2人分で14,000₩。
日本円で980円!!!
一人ワンコイン以下ってどういう事ー?
日本で食べたら一人1,200〜1,600円くらいしそうなものを…。
本当食べ物に関しては良心的な価格設定の韓国。
有り難いです。

お店のおじさんおばさんはほとんど日本語は通じなかったけど
店内で料理が入るように2人の写真を撮ってくれたり
最後は「韓国来たらまた寄ってね」と言ってくれたり
とっても優しかったです。

お腹も大満足で、午後からの移動に備えます。
また寒空の下に放り出される2人…。 
posted by ひっきー | 16:01 | 韓国('11年12月) | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク | 16:01 | - | - | - |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://ape.jugem.jp/trackback/818
トラックバック
Search this site