<< 連想シネマ評:ユアン・マクレガー編 | TOP | 花より男子ドラマ化における友人との会話。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
泣きたい気分【1】老人に泣かされる編
なんだか泣きたい気分だなって時、たまにあるじゃないですか。そういう時にオススメしたい映画を紹介します。今回は老人をフィーチュアしました。老人に泣かされて下さい。
紹介の順番は私の涙量で決めました。


TYPE.1 「モリー先生との火曜日」


これは日本では劇場未公開の作品ですが、非常に勿体無い。こんなに最初から最後まで泣き続けた映画は多分これ1本です。涙が止まる暇がない。死というタブー的なテーマから、目を逸らさずに語り続ける先生を見ていると、心が洗われるようです。



TYPE.2 「蝶の舌」


「老い」とは知識の宝庫だと思っている私にとって、この先生の行動一つ一つがとても温かくて、そしてそれがどんどん居たたまれなくなる。ラストで私はアホか!ってくらい号泣してしまいました。でも泣いた後スッキリ出来るような後味の良さを求めるなら、この映画はオススメしません。でも良い映画ですよ。



TYPE.3 「おばあちゃんの家」


予告編で大泣き。フライヤーのストーリーを読んで大泣き。本編見てちょっぴり泣き・・・って感じですか。予告編があまりに出来が良くて、期待しすぎた感があります。思ったほど号泣映画ではなかったですが、ものすごーーく良い映画です。じいちゃん・ばあちゃんがご健在の方だったら、見終わった後、すぐにでも顔を見たくなりますよ。



TYPE.4 「變臉 この櫂に手をそえて」


こちらはじいさん映画です。小さな子供と老人の心温まるお話です。世代が違っても、血が繋がっていなくても、いくらでも心は通い合うんだなーと目頭が熱くなります。思いやりという高尚な気持ちを忘れる事なく、常に持っていたいですね。



TYPE.5 「ストレイト・ストーリー」


これは兄弟のいる方には特にオススメしたい映画です。デビッド・リンチという風変わりな監督の作品なんですけれども、この映画は彼らしさがあまり出ておらず、見やすいと言えば見やすいです(ちょっと単調だけれども)。私は妹と見たのですが、小さい頃一緒にゴロゴロ遊んだ事なんかを思い出し、心が温かくなりました。ほんのり泣ける良い映画です。



TYPE.6 「やさしい嘘」


こういう小憎らしいばあちゃんているんだよねー!ムキー!ってくらい憎らしいばあちゃんなんですよ。頑固だし、素直じゃないし、我がままだし。そんなばあさんが見せるちょっとした優しさ。チキショー!って思いながらも心がとても優しくなっていくのが分かるんですよね。やさしい映画でした。


番外編として「八月のクリスマス」と「春の日は過ぎゆく」を挙げます。どちらもホ・ジノという監督の作品で、おばあちゃんが主役ではないんですけれども、主役を食うほどの存在感で泣かせてくれます。笑顔が優しくて本当に泣けてきます。ホ・ジノ監督の最新作は、今話題の「四月の雪」です。ペ・ヨンジュン主演だからって敬遠してると、もしかしたら損するかもですよ!私は公開が始まったらすぐにでも観に行こうと思っています。期待しすぎは禁物なんですけどね。
posted by ひっきー | 09:50 | 気分別オススメ映画 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク | 09:50 | - | - | - |
コメント
引っ越されたんですねー☆
またちょくちょく寄らせて下さい!

そして、泣きたいです(苦笑)
常に泣きたい症候群です。
是非この中のどれか見たいです!

松潤ファンとしての私は
夏コン終わってまたまた凍結状態。
だって私のストライクゾーン
48〜53圓らいの松潤なんだもん。
ガリコな潤が好きだったんだもんっ。
新ドラマも痩せてないと見ないもんっ。
2005/09/14 14:50 by あーこ
そうなんですよ。お引越ししました。てへ。
あそこ少々重くないですか?
記事を書き終えて強制終了って事が頻繁にあったので、引越しを決意しました。
これを機に頻繁に更新するゾ!(無理かな…)

映画、是非見て下さい。
「やさしい嘘」は仏映画なのであーこしゃんには良いかも。
これからジャンル別にどんどん映画を紹介していこうと思っているので、また是非遊びに来て下さい!

ところでムッチリ潤くんは私も反対ですっ!(キッ)
最近はムッチリが流行なんですかね?
アノ山下君ですらむちむちしてて微妙…
きっと社長が「YOU達太っちゃいなよ」とか言ったに違いないんだわ!ムカムカ…
そして新ドラマも痛々しい予感がして見るのが怖いです。
なんだか似合わないですよね、道明寺って。
オッサンに好かれる線の細い美男子みたいな役来ないかなー。
それだったらかなり食いついて見るんだけどなー。
その前に痩せてもらわないとだなー。
2005/09/14 16:44 by ひっきー
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://ape.jugem.jp/trackback/8
トラックバック
Search this site