<< 春の金沢 | TOP | 結婚記念旅行 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
ベトナム旅行記【ホーチミンにてフリータイム】
JUGEMテーマ:アジア
飛行機が遅れてしまったので、ベトナムに着いたのは夜。
本当は夕方くらいに着く予定だったんだけど…。
でもその分カンボジアに長く居れたのだからよしとします。

お宿はニューワールドというところ。(1)
ベンタイン市場の近くですが
ホーチミンで最も活気があるドンコイ通りまでは少し遠い。
けれどもとっても素敵なホテルです。
この日は即就寝。

翌朝はすっきり目覚め、ビュッフェを頂きすぐに街へ。(2)
私が特に楽しみにしていたのはコロニアル建築の観光。

まずは人民委員会庁舎へ。(3)
庁舎前には有名なホーチミン像があります。

次に聖マリア教会へ向かい、ここからドンコイ通りスタートです。
ホーチミンはとても栄えていて、バイクの数も本当に凄い。
ドンコイ通りはそんなホーチミンのメインストリートなので
とっても雑然としていてゴミゴミしている。
あちこちで工事も行なっているせいか、埃っぽくもある。
そんな通りにベトナム笠を被った物売りの人なんかもいる。
あー、ベトナムって感じ。

ドンコイ通りには可愛い雑貨屋さんが多く、買い物三昧。
色々見てまわりました。
ベトナムらしい漆の箸と箸置きのセットや漆のれんげを購入。
ベトナムとは言え、やはり観光客相手の商売でしょうから
そんなに安くもありません。
ディスカウント不可というお店もざらにあります。
チープな物を買うにはやはり市場へ行かなければなりません。

そろそろお腹も減ってきたので昼食。
「フォー24」というフォー専門店へ。
チェーン店らしく、色んな場所にありました。
私はフォー・ボーを。(4)
亭主はフォー・ガーを注文。
飲み物はもちろんビール。
ベトナムのメジャーは333ビールです。

お腹も満たされたので、次は私たちの大好きなスーパーへ。
ベトナムによく行く友達にも薦められた国営百貨店です。
ここでもまた袋ラーメンやちょっとした土産物を買いました。
電卓片手にあーでもないこーでもないと言いながら
珍しいものを物色するスーパーはやっぱ楽しい!

荷物も増えた事だし、一度ホテルへ戻る事に。
おまけにベトナムも当然暑い。
湿度もはんぱない。
重たい荷物をぶら下げながら汗だくの2人。

そこで、これも友達にオススメされたアイスのお店へ。
その名もバクダンアイス。(5)
日本語の爆弾とは全く関係ないと思います。
(バクダンてどういう意味なんだろ…)
林檎型の看板が可愛いです。
フルーツが沢山トッピングされたアイスは
サッパリしていて甘みも少なく、とっても美味しい。
かなりボリュームのあるアイスでしたが
ペロっと食べてしまいました。

少し汗も引き、満ち足りた気分でテクテク歩いてホテルまで。

一度シャワーを浴びてスッキリします。
それから買ってきたお土産をバッグに詰め込み
今度こそ本当に帰国の準備。
今夜にはまた飛行機に乗って日本を目指すのです。
非常に名残惜しいですが帰国準備。
指輪の跡がつくくらい日焼けをしてしまった2人ですが
当然ながら日本は真冬です。
もしかしたら石川県は雪が降っているかも知れない。
という訳で、エアコンの効いた部屋の中で防寒着も準備。

帰る準備を万端にし、そうしてもう一度ホーチミンの街へ。
夕食の時間も近づいてきたので
パスター通りにある「クアンアンゴン」というお店へ。(8)

メニューは全て英語とベトナム語で書かれており
正直、何が何だかサッパリ分からない。
英語である程度エビなのかカニなのか分かるくらい。
はっきり言って注文した料理が何なのか分からない。
出てくるまでのお楽しみ。

亭主はまたフォーが食べたいと言ったのでフォーを注文。
あとは適当に、これシュリンプて書いてあるからエビだろ、程度。

ビールはタイガービールを頼みました。
この旅で色んな種類のビールを飲めて最高でした!

いざ運ばれてきたのは生春巻きとボイルされたカニ。
春巻きは自分たちで巻くタイプ。(9)
ライスペーパーに色々載せて巻いていたら
隣の欧米カップルがガン見。
あからさますぎるってくらい春巻きを巻く姿を観察してくる。
え?何か間違ってる?ってキョドってしまったほどでした。
お店の人はとっても優しくて笑顔が素敵な人ばかりでした。

食事も済んでホテルへ戻る。
チェックアウトも済ませてあるので部屋には戻れない。
けれどもまたお迎えまで時間があるという事で
ナイトマーケットをプラプラ。
色鮮やかなフルーツの並ぶお店や(10)
地元の人で賑わう屋台など(11)
ベトナムらしい猥雑とした光景が広がっています。
親が商売をしているのでしょうか、
路地の隅で眠る子や本を読む少女なんかもいます。(12)

ホテルに戻り、ガイドさんと合流しタンソンニャット空港へ。
フライトの時間まで少しあったので最後のビールを。(14)

真夜中のフライトで関空を目指します。
5〜6時間で到着なので、仮眠もたいして取れず。
空を見ていたら、なんとも美しい日の出。(15)
広がる雲海を照らす太陽がとっても美しかったです。

魅惑のアジア、本当に最高の旅でした。
軽い気持ちで旅先をアンコールワットに選びましたが
本当に忘れられない旅になりました。
また必ず再訪します、カンボジア!

さて、次はいつ旅に出られるでしょうか。
あー沢山の国々が私を呼んでいるー!!






 
posted by ひっきー | 12:59 | カンボジア・ベトナム('10年12月) | comments(2) | - |
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク | 12:59 | - | - | - |
コメント
旅行記ついに完結!?あんた凄い記憶力やよね!!
ひろもこの前ベトナムの写真見て懐かしくなっとったんや〜。
しかし地図も持たずうろうろしとったし、今初めてあの建物が庁舎やったって知った。。
ほんで、あの像えらい人なんけ?あの前でアホなポーズで写真撮ったよーな。。

てゆーか奈良、いいなー!数年前から行きたいと思い続けて行けてなーい!
奈良の旅行記も楽しみにしてます。うふ。←プレッシャー
2011/04/14 19:08 by ひろ
なんとか完結!
あとフランスの時同様、お土産も記事にしようかと思っとるけど。
てゆーか海外行くのに地図も持たずってスゴイわ!!
私実はめっちゃ下調べ派やし、なんでも調べてから行く。
下調べしすぎて、まだ行ってないのに行った気になってしまうほどやわ。
でもこの下調べしとる時も楽しいんやって。
私の中では下調べから旅行記完成までが旅やね(笑)
ホーチミンさんてベトナムでは超有名やと思うけど、政治家か何かやろ。
私もあまりよくは知らんけど、都市の名前にまでなっとる人やからね。

奈良は何年ぶりに行くやろ。
ある時期都合で数か月に1回は行っとった場所なんやけど
観光!!っていうのは修学旅行以来やわ。
また世界遺産見てきまーす!
2011/04/14 21:39 by ひっきー
コメントする










Search this site