<< お給料の恩恵 | TOP | 夜桜 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
カンボジア旅行3日目【バンテアイ・スレイ、アンコール遺跡群〜マーケット編】
カンボジアの旅もとうとう最終日です。
ホテルでの朝食も今日が最後。
いつも優しい笑顔で給仕してくれていた女の子ともお別れです。
写真はカンボジア風ラーメン。(1)

最終日の今日は現地ガイドさんがブンさんからソフィアさんへ。
ソフィアさんはブンさんとは全く違うタイプの人で
ものすごく饒舌で日本大好きオーラがバリバリ出てる感じです。
すーっごい話しかけてくる。
しかも日本の出生率とか平均年収とかそういう会話!
私はカンボジアのそういう話を聞きたいんだけどなぁ。
加えて日本語の発音がちょっと聞き取りにくい。
ブンさんの日本語が上手だった事を思い知る。

ソフィアさんのマシンガントークに付き合っているうちに
本日最初の遺跡に到着。バンテアイ・サムレです。(2)
今までの遺跡よりも少し赤みがかった遺跡の気がします。
遺跡に入るとすごい早口の解説が入ります。
歩く速度もめちゃくちゃ速く、写真を撮りたいのに撮れない。
挙句、カメラをよこせと言ったかと思うと、独自に写真を撮ります。
その後私たち2人を撮ってくれます。
なんというかその…凄くペースを乱される感じ。
そういう事もあってか、この遺跡、あまり記憶に残ってないんです。
写真の(5)までがバンテアイ・サムレです。

そして次に向かったのがバンテアイ・スレイ。(6)
バンテアイ・サムレよりもこちらはまだまだ赤かった。
赤い遺跡なんて、素敵じゃないですか?
形も今までの遺跡とは若干異なっている感じがします。(8)
ただ、ソフィアさんの解説が解りにくいので
どういった遺跡なのかイマイチ解らない。
恐らく神話の話などをしてくれているんだと思うんだけど
とにかく流暢すぎてカタカナは全て聞き取れない。
ジャヤーヴァルマンとか言ってるんだろうけど分かんない!

唯一分かったのは東洋のモナリザ!(自分で調べて行ったから)
このデヴァダーのおかげで、ここは一躍有名になったそう。
盗まれそうになった事もあったらしく
今は近くに寄る事すら出来ません。
なので遠目からしか拝む事は出来なかったのですが
これより美人なデヴァダーは他にも沢山あった気が…
とは言え、とりあえずこれで東西モナリザ制覇です。
帰りには聖池に写る逆さバンテアイ・スレイも激写。(10)
乾季という事もあり、水がなんだか少なかったんですけどね。

そしてランチ。本日も中華料理。
お店に入ると、昨日まで同じツアーだった女子3人に遭遇!
アレー??みたいになってふと見るとブンさんも!
俄然テンション上がる2人。
ブンさんも気づいてくれて「今日のツアーはどうですか?」
などと気にかけてくれる。
2人声を揃えて「今日もブンさんがよかったですー」と。
若干涙声。だって遺跡解説が・・・

しばしの再会ののち、また別行動。
ソフィアさんがまたレストランまで迎えに来てくれたのですが
私たちの乗るベトナム行きの飛行機が遅れるのだそう。
そういう訳でここから突如としてありえないスローペースの観光に。

午後の最初はプレ・ループ。
リンガというヒンドゥー教のシンボルが立ち並んでいます。(11)
不思議な形にくり抜かれた跡があります。
これもまたヒンドゥー教徒により仏像が破壊された跡だそうです。

そして気付いた事が。
今まではこの午後の時間はホテルにて休憩時間だったのです!
なるほど、ありえない暑さです。これは暑いです。
ふと周りを見れば誰もいない。
そう、観光客はみなホテルで休憩中。
こんな時間にいるのは私たちと、そして個人旅行の方のみ。
一人旅っぽい若い欧米人が多いです。
ソフィアさんは遺跡の説明中も数少ない日陰にちゃっかり収まり
私たちはカンカンに照りつけるお天道様の餌食に。

遺跡を撮影する時に、人間が写りこまない事だけが唯一の救い。
でもソフィアは(とうとう呼び捨て)お構いなしにずんずん突き進む。
この遺跡はかなり朽ちている印象を受けました。
あまり修復作業も進んでいないような感じ。

そして次に向かったのがプリヤ・カーン。(14)
この遺跡にはカンボジアでは初めて見る円柱の遺跡が。(15)
微妙にヨーロッパの風を感じる。
ブンさんならこの遺跡についてもきっと説明してくれただろうに…
ここにもタ・プロムのような風景が広がる。(16)
人がいないので写真は撮り放題でした!

この遺跡の最後に、なんと奇跡の仏像が。(17)
破壊を唯一免れた仏さま。なんだか本当に有り難くかんじました。

そして本当に最後の遺跡、ニャック・ポアン(18)
昔はここで病気を癒したりしていたそうです。
この水の中に現地の子供が飛び込んで水浴びしています。
それを静かに見守る一人旅欧米メンズたち。(19)

そして日本の事をまくしたてるソフィアと共にマーケットへ。(20)
1時間ほどフリータイム。
けれども昨夜も買い物したし、何よりちょっと臭いがキツイ。
普通に生肉とか生魚も売ってるんです。そりゃ臭いわ。
という訳で、早々にマーケットを後にする。

飛行機が遅れているせいで、実は時間はだまだまあるみたい。
ソフィアも若干困っている様子。
次はどこへ行きたい?と聞いてきますが
何があるか分からない私たちも困惑してしまいます。

そこで昨日同じツアーだった子たちが言っていた事を思い出す。
近くにスーパーがあるって聞いたんだけど?というと
「あーある、ある!行く?」
と言って連れて行ってくれました。(21)

中に入るとエアコンも聞いているし過ごしやすい。
何より私たち、スーパー大好き!
このスーパーでまたお土産探し。
インスタントラーメンやココナッツパウダーに
黒コショウ、そしてカレーペーストなど、色んなものをゲット。
結構な量のお買い物をしました。
その間、ソフィアはスーパーに隣接しているアイス屋さんで
アイス食べてた(笑)

そして空港まで送ってもらいました。
空港でもしばらく時間を潰したのですが
翌日のベトナム旅行をなしにして、あと1日カンボジアにいたい。
心底そう思いました。
とにかくすごく好きな国でした。
亭主とまた必ずこの国に来よう!かたくそう約束しました。
美しくも逞しいカンボジア、また必ず会いましょう!
その時はどんな国に成長しているでしょうか。
どんなに発展して豊かな国になったとしても
どうぞその美しく穏やかな人間性だけはそのまま保っていて下さい。
LOVE,CAMBODIA!!




 
posted by ひっきー | 22:26 | カンボジア・ベトナム('10年12月) | comments(0) | - |
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク | 22:26 | - | - | - |
コメント
コメントする










Search this site