<< フランス旅行記索引 | TOP | 3月のネイル >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
読書家
JUGEMテーマ:読書

自分には悪いクセがあって
本を読むと、その小説家の文体を真似たような文章になってしまう事が多々あります。
やけに一文が長くて読点が少ない文章を書いてみたり
言い回しが似てしまったり、語調が似てしまうというか
要は感化されてしまっているんだと思うんですが
実は今も気を緩めると非常に危ない状態で書いています。
ドキドキする。

先日の「斜陽」は翌日に読み終わりました。
初めて読んだのは高校3年生の時でしたが
今改めて読んでみると、以前とは全然違った箇所で胸にきました。
こんな私でも少しは成長したのかもなーと思いつつ
けれども最後のかず子の手紙の本意はやはり分からず。
まだ今の私では分からないって事か。

そして次に手に取ったのがまたも太宰。
太宰が私にのりうつるー!
気をつけないと侵食されるー!



「人間失格」を初めて読んだのはやはり高校3年生の時。
その頃私は純文学にかぶれていて
夏目漱石と太宰治ばかりを読んでいました。

中学生の時の国語の授業で出た宿題に
"何ページから何ページまでを読んで分からない単語があったらノートに書いて意味を調べて書く"
というものがありました。
私はこの宿題が大好きで
宿題じゃなくても、小説を読みながらよくこれをやっていました。
ノートがいっぱいになった時の充実感はなかなかのもの。

そしてこの「人間失格」でも本当に色んな単語を覚えたものです。
けれども今になってもまだ覚えきれていない単語ってあるんだよね。
今ではノート片手に読書、なんてそれこそ時間がなくて出来ないけど
意味の分からない単語ってやっぱり本当気になる。
本を読んでも意味が分かんなかったら読んだうちに入らない気さえする。
本当はまたノートに書き出したい気持ちでいっぱいなんだけど
お風呂ではさすがに出来ない。

そういえば先日友達がブログをしているとアドレスを教えてくれました。
この子も読書が大好きで沢山の本を紹介していたので
いつどこで本を読んでいるのか聞いてみたら、やはりお風呂との事。

私、頭をひねりにひねってお風呂という場所を考え出したんだけど
巷の読書家たちにはこれは常識ですらある程の絶好の読書場なんですね!
知らなかった…!

ちなみに昨日は友達のブログを一晩かけて全部読むという暴挙に出た私。
だから気を抜くと彼女独特の聡明でやわらかい文体までのりうつってきそうです…!
己を見失うな!
posted by ひっきー | 14:23 | | comments(2) | - |
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク | 14:23 | - | - | - |
コメント
うげーー!!ちょーすげえ!!
ちなみに実家におった時、母姉共にお風呂で本読んどったし三人で計3時間は要しとったしね。父は10分で上がっとったけど。
太宰&夏目は手に取ったことありません。
なんかこ難しそうなんやもんー。この人たち明治大正辺りなんけ?
丁度良く西洋ミックスされとって文体は素敵そう〜。でもすぐ自殺したりせん??そんなイメージ。笑
2011/02/25 18:00 by ひろ
「人間失格」も読み終わった。
お風呂読書、いいわぁ!
しかし3人で3時間てすごいな。
誰が先に入るかでケンカになったりしそうや、我が家やったら。
でもひろが太宰も漱石も読んだ事ないって意外やったー。
漱石の方が年上やけど、そうやね明治を生きた人たちや。
漱石はイギリスにも留学かなんかしとったし
太宰も画家の名前とか思想家の名前とかカタカナ沢山出てくるよ。
多分ひろも好きやと思うんやけど…
でもひろ読んどる本、あんま読んだ事ないし嗜好が分からんけど。
なんとなくイメージで(笑)
2011/02/25 22:18 by ひっきー
コメントする










Search this site