<< カンボジアより帰国 | TOP | カンボジア旅行2日目【アンコールワットの朝日編】 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
カンボジア旅行1日目
今回も前回のフランス旅行と同じく、関空にて前泊。
仕事を終えて家に戻り、すぐに出かける準備をして、電車に乗る。
ホテルに着いた頃にはすでに23時を過ぎていました。
旅が始まる前から結構ハードスケジュール。

翌日は朝の7時にホテルを出て関空へ。
今回は添乗員さんではなく、現地のガイドさんがつくツアーだったので
飛行機の乗り降りは自分たちで。

下調べばっちりだったので(私が)
すんなりと搭乗手続きを済ませ、両替をしていざ飛行機へ。
(カンボジアの通貨はリエル、ベトナムはドンですが、どちらの国もUS$が使えます)
ハノイを経由してカンボジアへ向かいます。
ハノイまでは約5時間のフライト。

飛行機はやっぱり離陸する時がどうしても苦手。(1)
でも少しは慣れてきた気もする。
航空会社はベトナム航空です。
真っ青の飛行機に黄色い蓮の絵。
なんとも言えずかわいい飛行機。
CAさんたちはアオザイを着ています。

飛行機に乗ってすぐランチ。
アサヒビールと洋食をチョイス。(2)

フライトの5時間は案外あっという間で、すぐにハノイへ到着。
ハノイでは3時間のトランスファー。 
ハノイのノイバイ空港は閑散としていて3時間をつぶすには少々辛いところでした。(3)
免税店やカフェもありますが
店員さんが全体的にやる気がない感じ。
椅子に座って化粧直しをしたりしています。
本でもあればよかったなと後悔しました。

3時間後、ようやくカンボジアはシェムリアップ空港へ向かいます。
約1.5時間。
飛行機の中では軽食が出ました。
HALIDAというビールを頂きました。(4)
某国団体さんが非常に煩く
1.5時間のフライトでしたが、若干疲れました。

シェムリアップ空港に到着。(5)
日本との時差は2時間です。
ハノイは少し肌寒いほどだったけど、シェムリアップは湿度が高い。
降り立った瞬間、この湿気懐かしい!という気分に。
夜だったためか、そんなに暑さは感じませんでした。
カンボジアは12月から乾季に入るため、比較的過ごしやすい日が続くそう。

入国手続きを済ませ空港を出ると、ガイドさんが立っていました。
ブンナクットさんという男性。
「名前が長いのでブンさんと呼んで下さい」と言われました。
ブンさんは精悍な顔つきの好青年で、チュートの徳井にソックリ。
オトコマエです!!!!(俄然テンションあがる私)
他に同じツアー参加者の女性3人組と一緒に移動。
亭主一人が男子で、ちょっとかわいそうでした。

クメール料理が食べられるお店に連れて行ってもらい、夕食。(6)
コースメニューとなっていました。
飲み物はもちろんビール。
カンボジアのビールは、その名も「アンコールビール」!
飲みやすい口当たりで美味しいです。
食事は心配していたよりもずっと口に合いました。
むしろ好きかも!
ココナッツやレモングラスを多用していて
案外サッパリとしたものが多かったです。
特にレモングラスを使ったスープは美味!
亭主はアモックという魚のココナッツミルク蒸しがとても気に入ったようでした。
ビールは2$。

夕食が済むと、ホテルまで送ってもらい
ブンさんがチェックインから何から全部してくれました。
シェムリアップ滞在中お世話になるホテルは
「アンコールパレス リゾ−ト&スパ」。
とっても大きく、立派なホテルです。
フロントには日本人の方も駐在していて安心。

お部屋は白とダークブラウンを基調としたセンスの良い空間。(7)
単独のシャワールームもついていてすぐに汗を流せます。(8)

翌朝は早朝5時にお迎えがあって
アンコールワットの朝日鑑賞があるので、早めに就寝。
ただ、日本との時差2時間という事を考えると
初日にこの朝日鑑賞があって正解だったと思います。
(日本の方が2時間早いです)

シェムリアップ到着までの1日でした。
◆本日の歩数:7324歩
posted by ひっきー | 23:39 | カンボジア・ベトナム('10年12月) | comments(0) | - |
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク | 23:39 | - | - | - |
コメント
コメントする










Search this site