<< ずんドラ「夏の恋とかなんとか」#3、#4 | TOP | 乙女の金沢 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
ずんドラ「夏の恋とかなんとか」#5
ドラマを見る事に苦痛を感じないという奇跡。
ドラマ苦手な私が、5回も連続してドラマを見ている…!

という訳で、大絶賛を受けながら、毎回高視聴率をマークする夏の恋とかなんとか。 (私の脳内で)
今回はすこうしだけ、心の機微が感じられる内容でした。
こんなヤツに恋しちゃいけない!と思いながらも、ついつい惹かれてしまう年上女性。

わ・か・る!

そうしてずゅんくんが心を入れ替えてどんな仕事でもする!と決めたのに対し
マネージャーがお前は二世なんだからそれは無理だと言う。
でも次のシーンでは一緒に仕事を探しているという省略法。
山中貞夫か!
(言い過ぎました)


今回ツボだったのは料理のシーン。
ブロッコリーか何かを量って冷製スープみたいなものを作るずゅんくん。
あんなモン計量するとか、ないわ普通!
って思わずツッコんでしまったけど
それはしっかりとした前フリだったんだね。

分量を量らずにはいられないずゅんくんが”らし”くって笑えた。

しかしあんな豪華な料理を短時間で作り上げるあの二人は一体何者なんだ…
調理師免許でも持っているに違いない。


来週はとうとう・・・
とうとう・・・・・・!!!!!!!!!!!
頑張って見ます。
基本ああいうシーンイラネ、ってタイプなんで。
やきもちじゃないよ!やきもちじゃないんだからね!
posted by ひっきー | 10:40 | | comments(0) | - |
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク | 10:40 | - | - | - |
コメント
コメントする










Search this site