<< 会報15。 | TOP | 今更どうしたFNS。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
DragonAsh 「HOUSE VEROCITY TOUR」
DragonAsh 「HOUSE VEROCITY TOUR」 2003/10/23 石川県産業展示館

ドラゴンアッシュのライヴに行ってきました。ワンマンは初参加です。
大雨の降る寒い日だったにもかかわらず、Tシャツ1枚で乗り込むバカっぽさ。
しかもSBKTシャツかよっていう。(おまけにドギツイ黄色ときた)
目立つ、目立つ。嫌になってしまいました。
それでもSHIGEOくんに見つけてもらう為に我慢しました。
ブロック割はこんな感じ。




ステージ
-------
A|B|C
-------
D|E|F




で、Cブロでした。
1ブロックAZホール1個分くらい(本当、テキトー)。
なんか今回、体力的にちょっと自信がなくて、あまり前に行かないでおこうと思ったら
いきなり1曲目からSHIGEOくんの声が!
ギャーーー!!!!と奇声を発してステージめがけて突進。
それなのにアルバムに入ってるインストで(SHIGEOくんの声が入ってるんですが)。
出て来たのはD.Aでした。
で、上手い具合にモッシュピットに入り込んでしまったらしく、最初から最後までもみくちゃでした。
となりにホモっぽい人たちが来たり
ライヴなのにモヘアみたいなセーター着てる人がいたり
すごい臭いを発している人が来たり
人が多いと色んな人に会えるもんだねーと思ってみたり。
ライヴ自体はとても面白かったです。
ダイヴもあったし、モッシュも起きてたし、そこそこ盛り上がってました。
で、kjの印象ですが。めちゃくちゃ大人しい子でした。
もっとこう、ステージ上を暴れまわったりするのかと思っていたんですが
マイク位置からほとんど動かず。
煽りもそんなに気合入ってなくて、淡々とした感じでライヴが進んで行ったのがとっても意外でした。




唯一kjが動き回ったのがSHIGEOくんとSHUNくんが出てきたEPISODE4の時。
ライヴも終盤に差し掛かった頃だったかなぁ。
kjが「友達が来てくれています」と言って二人をステージに呼ぶ。
そしてEPISODE4のイントロが流れ出す。
すでに結構体力消耗してた私ですが、この時ばかりは別人に。
「デザートは別腹よ★」って言い訳と同じ匂い。
「SHIGEOくんは別体力」。どこからともなく力が湧き上がってくるんですよ。
SHIGEOくんがステージに現れた途端、まるで猪のようにステージめがけて突進。
なりふり構わず「SHIGEOーーーーー!!!!」と叫んで人をギュウギュウかき分ける。
SHIGEOくんもSHUNくんもD.Aのみなさんもとっても楽しそう。
てゆーかうちらもめちゃくちゃ楽しいし!みたいな。
馬場さんとSHIGEOくんが楽しそうに絡んでる場面とか、ありえんね!
SHIGEOくんは黄緑色みたいなへんてこりんな帽子を被り
今まで見た中で一番かっこ悪かったです(うわあ!)
逆にSHUNくんは落ちついたモノトーン系でまとめてあってとってもハイセンスに見えました。
でも顔はもうもうもうもうもう!!!(クレッシェンドでお願いします)
「オトコマエ」って言葉はSHIGEOくんの為にある言葉なんだなーと思ってみたり。
kjもオトコマエでしたけど、やっぱりキングはSHIGEOくんですよ!
あああああ。かっこええ…かっこええ…。
暴れながらも目はいつでもSHIGEOくんを追っている私。
本当周りが見えなくなってしまうんですよ。SHIGEOくんがステージにいると。
あっくんとか潤くんだったらちゃんと冷静に他のところにも目が行き届くんですけど。(ってウソつけー!)
SHIGEOくんだけは本当、別格。SHIGEOくんしか見えねー。(耳はちゃんと音を拾ってますよ)




んで他にも何かやってくれるのかなーと思いきや。
EPISODE4一曲演っただけで本当ひっこみましたからね!
愕然!
でもまぁ本当一曲だけでも得した気分。
二人がひっこんだ後もライヴ自体はとっても盛り上がり、私もとっても楽しかったです。




D.Aって常に叩かれる位置にいるというか
ある意味人身御供的なポジションに位置してるような感じを受けますが
あえてその場に留まる(って今は少しポジション変わったかもだけど)D.Aのそのスタイルはすごく好き。
好感が持てるというのか…ぶっちゃけ、尊敬する。
自分達ではそのつもりはないのかもだけど、客観的に見て踏み台にされているとでもいうのか。
KICKだってRIPだってD.AのオープニングアクトやらTMCやらを経て人気出たように見受けられるし
それでもやっぱ一番叩かれたりディスられたりするのはD.Aだったりして
kjは結構精神的にキツイと思うんだけど
それでも未だにオープニングアクトをつけてツアー周ったりしてるのは本当スゴイと思う。
ま、雑誌のインタビューもロクに読んだ事ないし、kjの胸中ってのは私には全く分からないので
ここで偉そうに語る事は出来ませんけど。
でも熱狂的なD.Aファンではない、単なる音楽好きがD.Aについて思っている事だという事を理解して
読み流してもらえればそれでいいです。
「kjの事何も知らないくせに!」とか
「お前に何が分かるんだよ、このしったか女!」とか言われても困りますので言わないで下さい。
とりあえずぼけ〜っとそういう事を思いました。




音楽って誰にでも楽しむ権利があって、その楽しみ方を強要される必要は全くなくて
人それぞれ顔や性格が違うように、音楽に対する考え方・楽しみ方も人それぞれ。
それを批判したりディスったりするのはやっぱ懐ちいせぇなぁとか思います。
D.Aもやりたい事やったり続けたりして欲しいと思いました。
それを生業にしてる訳だからやりたい事ばっかやっててもどうしようもないだろうけど。
↑別にSBKに言ってる訳じゃないんだけどね。




そんな感じで初めてのワンマン参加。
ちょっと不完全燃焼の感も否めないですけど、とっても楽しいライヴでした。
D.Aのおかげで石川県でSHIGEOくんとSHUNくんを拝めたし
SBKのおかげでD.Aのライヴに参加する事が出来たし
なんとも素敵な相乗効果ですね。
そういう素敵な相乗効果を生んだのもやっぱD.Aのスタンスの賜物。
これからもそのスタンスを貫き通す、かっこよいD.Aでいて欲しいと思います。
機会があればまた参加したいと思います。
posted by ひっきー | 18:02 | ライブレポ | comments(0) | - |
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク | 18:02 | - | - | - |
コメント
コメントする










Search this site