<< WSS。 | TOP | 大阪より帰還。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
「WEST SIDE STORY」
「WEST SIDE STORY」 2005/01/09 大阪厚生年金会館

人生初となるミュージカルを観て参りました。「WEST SIDE STORY」。それゆえに拙い表現なんかがあるかと思いますが、ミュージカル初心者の感想と思って読んで下さると嬉しいです。


自慢とかでなく、今回千秋楽を最前列という、もったいなくもありがたい席を頂きまして、かなり喜んでいたのですが、「観劇」という観点からすると、決して手放しで喜べる席ではないなと思いました(ぶっちゃけ、潤くんを堪能出来た事に関してはウハウハなんですけど)。映画を最前列のシートで観る感覚ですよね。舞台全体を視界に納めるのが不可能という感じなんです。例えば、トニーがマリアのバルコニーに忍び込んで「トゥナイト」を歌うシーンなんかは首が痛くなったし、二人の表情も全然見えないし、ものすごく変な感じがしました。またダンスシーンや、ジェット団とシャーク団の抗争シーンも首を右に左にとせわしなく動かさなきゃ全部見られないような状況で、私は単にシャーク団の方を観ていればよかったダケなので大丈夫でしたが、一緒に行った母親なんかはちょっと大変だったみたいです。全体を観た感じはまぁそういう訳でちょっと近すぎたかな、って感じでした。何度も言いますが「観劇」という観点から話をしているので、いい席座っといてそれはないダロ!とか思わないで下さい。もう本当に本当にいい席頂いて大感激だったのは間違いないですので。


で、肝心のミュージカル自体の感想ですが。私的にはかなりよいミュージカルだと思えたので、鑑賞後は大満足で劇場を後にしました。映画の方は実はとても嫌いで、愛を描いた映画とかいう割に愛を冒涜しているような展開がもう最悪。ベルナルドの死を悼む人物が出て来ないところとか、アニータがジェット団に暴行を受けるところとか、自分の事しか見えていないマリアとか、女として大事な事を忘れてしまっているジェット団の女とか、数え上げればキリがないほど嫌いなところの多い映画なんですよ。なので本当はミュージカルも絶対に心から感動出来ないんだろうなと心配ではあったんですが、そこはクリア。映画にはなかった、ベルナルドとリフの死に対する哀悼の気持ちが控えめに描かれていて、その控えめさがまたとても好印象でした。


それから歌とダンスについてですが、問題の種であった櫻井くんが私的には意外に大健闘。思っていたよりも全然歌えていたし、ちょっと本当に失礼だけど笑ってしまいそうになった事もありましたが、始終笑いを堪える事を想定していた私にとってはある意味肩透かしとでもいうか…(何を期待していたのか)。ダンスもそれほど気になるところもなく、っていうか、本当に歌の方にばかり神経を集中させてたので、ぶっちゃけるとあまりダンスは覚えてません。てへへ。

智は貫禄を見せ付けたというか、嵐の中ではダントツに上手かったなぁと思いました。智のダンスになるとジェット団の中でもやっぱり目を引いたし、存在感があった。歌ももともと上手だから安心して聴いていられました。ただ、台詞になると声がこもるというか、少し聞き取りにくいなと思いました。それだけが残念。あとは、少し痩せた方がいいかも。って初めて思いました。ぽちゃ智は大好きなんですけどね。舞台の時は少し引き締まってるくらいがいいと思います。

潤くんは最初に出てきたところからすでに鳥肌。オープニングにスポットを浴びてダンスするところは圧巻でした。うわあ!この人やっぱりかっこいい!!みたいな。目がハートでしたね。ダンスは普段のクセがすっかり抜けていて、いつものちょっとクネクネした感じが好きなんですけど、それを排除しきった潤くんはさすがだと思いました。普通、ニュートラルな状態に持っていくのってすごく努力の必要な事だと思うんですが、それをやってのける潤くんはやっぱりかっこいいなと思いました。ただ見せ場があまりにも少なすぎ。歌もないし、ダンスも少ないし、映画でもベルナルドはインパクトの割に出番が少なかったな…と今になって思い出した感じです。潤くんもその少ない出番をインパクトで充分にカバーはしていたと思いますが、やっぱり潤担としてはもう少し見せ場がほしかったなぁ。あとは役柄上仕方のない事だとは思うんですが、妙に女に慣れたような仕草がまだ似合わないっていうか、今の年齢ではやっぱりちょっと無理があるなぁ…なんて思っちゃいました。潤くんも言ってたけど、何十年後とかに再演されたらまた面白いだろうな、とは思います。

嵐の3人に共通して感じた事は、肺活量のなさ。肺活量なのかは分からないですが、やっぱり声が細いなぁと思いました。それに比べ、斗真はめちゃくちゃ声が通るし、台詞も聞き取りやすいし、舞台向きの子なんだなーと思いました。斗真は昔から結構好きなんですが、生で見たのは今回が初めて。あまりの整い顔にちょっと心奪われる事もありました。いい男に成長したなぁとしばし見惚れてみたり…。なかなか素敵でした。でも私にはやっぱり潤くんなんだよね。なんでか分からないんだけど。やっぱり潤くんが大好きだなぁ。(ある意味どうでもいい呟き)あとは、ああいう舞台で見ると、嵐の3人は意外に背筋がピンとしてないなと感じました。ウォーキングとかかっこよかったら潤くん、パーフェクトだったんだけどな。・・・ってそこまで強要するのは酷だし、本当に私の好みの問題なダケなんですけど、ちょっと気になったので書いてみました。
それから、宝塚のお二人もさすがという感じで、本当に櫻井くんをリードしてくれてありがとう!という気持ちでいっぱいです。ダンスも立居振舞もまさに本物を見せ付けられた感じ。宝塚にはあまり興味がないのでよく分かりませんが、とても素敵でした。
posted by ひっきー | 17:06 | 文芸 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク | 17:06 | - | - | - |
コメント
コメントする










Search this site