<< タイムスリップ | TOP | しょうぶ湯まつり >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
ケータイ明治村

明治村に行くと決めてから数週間、ずっと撮影スポットや行きたい建造物をチェックして
下調べバッチリで行ったのに、どんなタイミングでデジカメの電池切れてんの

という訳で、わざわざ家電量販店に寄ってバッテリーを買う事に。
お取り寄せですと言われてアッサリ撃沈。
自暴自棄になってもうデジカメ買おうぜって言ったけど、ダメって言われた。

泣きながらコンビニで、数年ぶりに使い捨てカメラを買う。
石川県では考えられないような超お天気の日に
ISO1600しか売ってないっていうね。
あの・・100で充分なんですけど
しょうがなく1600購入。27枚撮り。

明治村に着いても、27枚しかないフィルムが妙に勿体なくて
というか、配分が分からなくて、最初はずっと携帯で写真を撮る私。
携帯カメラ使ってんの私ぐらいだよ!
てか使い捨てカメラ使ってる人も皆無だよ!




「呉服座」に入ると長谷川一夫さんの写真を発見!(真ん中の人)
興奮して写真を撮って、劇場の中を撮るの忘れた。




「無声堂」。
ここが一番興奮したかも知れない。
第四高等学校の建造物という事は、元は金沢にあった建物。
なんだか変な感じ。
道場なんだけど、半分が剣道、半分が柔道、そして弓道場もあるらしい。
ものすごく広い建物で、しんとして美しく、気分が静まる感じ。
姿三四郎とか、丹下左膳とか、武士の一分とか、色んな映画を思い出す。
ただのだだっ広い道場なので、私たち以外、誰も見学していなくて、やりたい放題。
あほみたいな写真をいっぱい撮ったけど、これは使い捨てなので、まだない。


ものすごく暑い日で、何年ぶりかにカキ氷を食べた。
添加物いちご味。
2人で半分ずつ食べたけど、食べ終わったら寒くなった。




ここも良かった。「東松家住宅」。
1階は江戸幕末の頃に建てられ、2階3階は明治以降に増築されたものらしい。
ここはガイドさんがいないと2階3階には上がれないらしく、1階をウロチョロ。
なんだか近松物語とか赤ひげを思い出す。
そうこうしているうちにガイドさんが来て、上に上がるツアーを開始するというので参加した。

2階3階は1階とはまた全く風情が違っていて面白い!
モダンで斬新。素晴らしい!
日本家屋って奥が深い。



良い写真は残らなかったけど、楽しかった。
実は明治時代の学生さんの服も着たんだよね。
赤い矢絣に紺の袴、そしてブーツ。
彼は書生さんの格好をして、手に書籍を持たせられたんだけど
それが「尋常小学校」と書いてあって笑えた。小学生かよ!
その格好で残りわずか、電池残量ギリギリのG10ですこーし撮った。
早く充電して見てみたい。結構笑えそうな予感

明治村は子供より大人が楽しめるテーマパークといった感じかな。
全部まわりきれなかったので、いつかまた行ってみたいな。



posted by ひっきー | 15:36 | 旅行 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク | 15:36 | - | - | - |
コメント
コメントする










Search this site