<< 【つべこべ言わずこれを聞け!ベスト5曲はこれだ!】 | TOP | ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
イズ・エー [is A.]
イズ・エー [is A.] (2004/日)
監督:藤原健一
出演:津田寛治、小栗旬、内藤剛志、戸田菜穂、水川あさみ、姜暢雄 他

イズ・エー

「少年犯罪」というそう簡単には扱えないテーマを掲げ、それは充分に活かされていたと思います。とにかく重い。鑑賞後のやるせなさは邦画界では珍しいほどのものでした。(そういう意味では随分と貴重な映画だと思います)キャスティングも主張が激しくなく、物静かでとてもよかった。

ラストは私的には安易なように感じたんですけれども、ちょうど舞台挨拶で監督と津田さんが来館されていて、ラストについての質疑応答がありました。監督の藤原さんはラストについて、製作者、キャスト陣、それこそ映画に携わったたくさんの人たちと何度も話し合い、その結果、こういうラストにしたのだと仰っていました。そして「みなさんでラストについて考えて下さい」というメッセージも頂きました。

私は「死」というものは「無」であり、そこには何も発生せず、だからこそ恐ろしくもあると思っているのですが、「無」になるという事は恐怖心と同時に、苦しみからすらも逃れられるとても安易な道でもあると思うのです。だからこそ少年は生きなければならなかったし、生きる事の重みを背負わなければならないと思います。

私は日本の俳優では津田さんが一番好きなんですけれども、この映画に関しては内藤さんに持ってかれた感が否めません。(ちょっと悔しい)内藤さんの迫真の演技には非常に心を打たれました。子を思う親の気持ち、私はまだ親という立場ではないので推測するしか術はないのですが、内藤さん演じる父親の姿に、子を想うその深い愛情が伝わってきました。(これはもう観れば分かる!って感じです)もちろん、津田さんも苦悩が伝わってくる良い演技でしたけどね、当然!小栗旬くんは普段のまんまって感じで、それが逆に良かったと思います。

津田さんが舞台挨拶の時に少し触れていましたが、子がおかしくなるのはやはり親の責任ではないかと思うと仰っていました。考えは人それぞれだし、私も津田さんと同じ意見ではありますが、この映画を見ているとその考えが本当に正しいのかふと考え込んでしまいます。

☆4

2005.03.05/福井メトロ劇場
posted by ひっきー | 12:21 | 映画感想(劇場鑑賞) | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク | 12:21 | - | - | - |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://ape.jugem.jp/trackback/26
トラックバック
2005/11/07 12:33
●イズ・エー[is A.]をDVDにて鑑賞 14歳の少年が渋谷で爆破事件を起こし
Blog・キネマ文化論
Search this site