<< ふくい街かど映画祭 | TOP | きみに読む物語 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
【ちっさい自慢話】
TBboxのテーマ『ちっさい自慢話』に参加してみました。たまには映画以外のお話も。
今回のテーマはちっさい自慢という事で「誰に話してもあまり羨ましがられないけど、自分的には相当自慢話」というものを選んでみました。

私は映画以外に色んな趣味があるんですが、その中に『格闘技』観戦があります。格闘技と言っても基本K-1なんですが、K-1ファイターの中で一番好きなのがレイ・セフォーです。彼について語ると長くなってしまうので自慢話だけを申しますと、偶然レイ・セフォーに会った事がある!ズバリこれが私のちっさい自慢です。

もう数年も前の話になるんですが、池袋のマンガ喫茶に行った時の事です。マンガを取りに行ったらものすごく体格のいい人とすれ違いまして。振り返ってその人を確認してビックリ。レイセフォーですよ!しかもトレーニングウェアでスタスタとPCの前に座り、ネットしてました(多分)。あまりに突然すぎて話しかける事も出来ず、遠くからずっと見てる事しか出来ませんでした(れっきとしたストーキング行為ですか)。しばらくして彼は出て行きましたけど、今度会った時は絶対話しかけるぞ!と決意したまま数年が過ぎてしまいました。

その後、当時の彼が池袋のラーメン屋でセフォーを見かけたらしいです。電話がかかってきて大騒ぎしているので、話しかけろと必死で訴えたのですが、強面のにーさん数人と居たらしくどうしても近寄れなかったそうです。遠くの方から撮った写メ(セフォーと確認出来ず)だけが送られてきました。

自分の好きな有名人と会った時ほど緊張して何も出来ないものだと痛感しました。でも偶然出会えただけで充分幸せです。
posted by ひっきー | 10:06 | バトン・TBエントリ | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク | 10:06 | - | - | - |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://ape.jugem.jp/trackback/23
トラックバック
Search this site