<< ロマン・カチャーノフ | TOP | 得意技 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
Vol.8「ローマの休日」

CinemaScapeでの評価
ひっきー評価 ☆5

更新が大変遅れてしまいましたが、今回のHug a Movieは「ローマの休日」でした。
またまた未見の作品。なんだかんだと見る映画が溜まっていて、ようやく鑑賞出来ました。

こんな有名な作品を観ずに、映画が好きとか言ってる自分もどうかと思うんですが
どうしても古典映画はなかなか観るのに勇気が必要で…
とかいいつつ、観たらやっぱり激ハマり。
古典映画の方が今の作品よりよほどシンプルでとっつきやすいんだなと改めて思いました。

もうとにかくオードリーが美しすぎて
こんなに最後までとろけるように女優さんを観続けたのは初めてです!
潤もかっわいいって書いてありましたけども。うん、本当に可愛い。何してても可愛い。
ストーリーもとてもシンプルで、切なくも美しいお話でした。とーっても好き!

Hug a Movieでは「隠し砦の三悪人〜THE LAST PRINCESS」に似ていると書いてありましたが
私はどちらかと言うと黒澤監督の「醜聞〜スキャンダル」に似ているなと思いました。


最後に関係のない話。
この作品が公開された1953年というのはうちの両親が生まれた年なんですが
この年は本当にすごい映画が沢山生まれた年でもあるんですよ!
世界的にも有名な溝口健二の「雨月物語」や小津安二郎の「東京物語」もこの年に公開されてます。
すごいなー、なんか。しみじみする。
posted by ひっきー | 14:55 | Hug a Movie | comments(0) | - |
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク | 14:55 | - | - | - |
コメント
コメントする










Search this site