<< 連想シネマ評:ジョニーデップ編 | TOP | 連想シネマ評:エドワードファーロング編 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
連想シネマ評:クリスティーナリッチ編
クリスティーナ・リッチ

ジョニーデップの後を受けて、次はクリスティーナリッチ。ジョニーとは何気に3度も共演している羨ましい女優。しかも微妙にイイ男との共演が多い気がするのは私だけですか?そんな中でも一番羨ましい共演者はキャスパーなんですがね!!

という訳でムッチリッチ出演映画のベスト5を紹介します。

1位 「I Love ペッカー」
これは映画そのものが大好きで、リッチはそんなに印象的な演技はしていなかったんだけど、とても好きな映画。普段大人の、どちらかというとキャラの濃い男と共演する事が多いイメージのあるリッチですが、エドワードファーロングとの可愛いカップルがある意味新鮮でした。

2位 「恋する人魚たち」
リッチの映画デビュー作。当時10歳なんですが、もうこれが可愛いのなんのって!!オイオイどうなってんだこのやろう。ってくらい可愛いの!悶え死にするかと思いましたよ。ウィノナとの姉妹役もハマってて非常に良かった。これはオススメです。

3位 「バッファロー'66」
もはや説明不要ですよね。これ以上に最高のカップルって未だかつていたか?パンプキン&ハニーバニーかボニー&クライドに匹敵する映画史上に残るベストカップルぶりだと思います。映画自体も悔しいけど最高なんだよね。

4位 「スリーピーホロウ」
リッチお得意(?)のゴシック調の強い素敵映画。意外にもバートンの映画には今のところこれ1本の出演。バートンの好みっぽい気がするんだけどね。このジョニーとの共演も最高に良いね。

5位 「200本のたばこ」
リッチの出番はそんなに多くないのですが、これも映画そのものが好き。ドタバタコメディになりがちな題材なんだけど、意外にスッキリ収まってて観易い。

番外編ですが「耳に残るは君の歌声」の、舞台で一人コーラスをしているシーンは必見です{雪}
おもろすぎ!

彼女はひどくムッチリしているし、決して羨ましいとは思えない体型をしていますが、リッチはやっぱりムッチリしていてなんぼ(でも画像は細めを引っ張ってきてみたり)。あんな体型でもせくすぃ〜に見えてしまうリッチがスゴイ。でも痩せたら痩せたでものすごい美人になりそうですけどね。

そして顔はゴシックを地でいくような、なんとも言えない雰囲気。どことなくブライスにも似ている気が…。まさに雰囲気美人。何気にソーラ・バーチともキャラがカブっている気がしますが、私はやはりリッチの方が一枚上手だと思います。(単に個人的趣味?)

個人的趣味のついでにもう一つ。キャットウーマンはハルベリーもハマり役だとは思いますが、リッチのキャットウーマンも是非見てみたい。(監督は当然ながらバートン希望{キラリ})

リッチの後を引き継いで、次回は多分エドワードファーロング。(こじつけで誰かさんに繋がるようなリレー運びをしているのが分かった人は挙手お願いします)
posted by ひっきー | 11:48 | 連想シネマ評 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク | 11:48 | - | - | - |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://ape.jugem.jp/trackback/2
トラックバック
Search this site