<< もういやだー | TOP | 4月のえいが >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
Vol.6「ユージュアル・サスペクツ」

CinemaScapeでの評価
ひっきー評価 ☆2

今回のHug a Movieは「ユージュアル・サスペクツ」でした。
未見の方は是非映画を見てから読んで下さいと書いてあったので観ました。
それでちょっと更新が遅れました。
以下、完全ネタバレ。観てない人でこれから観る予定の人は絶対読まないでネ!
ちなみに「SAW」「アザーズ」「シックスセンス」なんかのネタバレもあります。
要注意です。
(一応、あいつが犯人だ!みたいな直接的な表現は避けているつもりですけど)


-------------------------------------


あのねー。
カイザー・ソゼが誰であろうとねー。もう驚かないんだって。
たとえば「シックスセンス」や「アザーズ」みたいに、何か不穏な気配がある。
それが何か分からない。
でも観ていくうちにそれが明らかになって、ラストで衝撃を受けるってのは好き。
(見せ方や衝撃度で言えば「アザーズ」>「シックスセンス」ですけど。)
でも今作はその"不穏な気配"が重要人物として特定されてる訳です。
カイザー・ソゼっていう人物がもう黒幕なんです。
姿を見せない重要人物とかって、もう誰でもいいんですよ、正直。
今作は不条理ものではないので、比べるのもアレかも知れないけど
「SAW」のジグソウの時にも同じ事思ったんですよね。

怪しい人物(黒幕)が顔を出さない。
  ↓
って事はこの中にいるんじゃないか。
  ↓
みんな怪しい。
  ↓
あいつかも。こいつかも。それとも・・・


見てる人がそう思ってる時点でもうカイザー・ソゼやジグソウが誰であっても驚かないの。
登場人物全員をその容疑にかけているこっちからすれば、誰だろうがもう驚かない。
この作品の場合、いっその事カイザー・ソゼは出てこなくても良かったんじゃ…と思うくらい。
てか、あいつがカイザー・ソゼであったかどうかも実は分かってないんですけど。
でもそんな事も別にどうでもいい。
となると、この作品はどこに重きを置けばいいのか。
役者の演技力?
私は特に演技力に感心し、没頭する事も出来なかった。
謎解き?
こんな遅出しジャンケンみたいな卑怯なやり方で、謎解きもクソもあるかっていう。
え!?マジ?
もう一回観てみよう!
なんて思わせる謎解きってどうなのと。
ラストで全ての辻褄が合ってこその衝撃なんじゃないの?
まぁもう一回観たい、むしろ何回でも観たい。って思うのもいいかも知れない。
でも私なんかは同じ映画を何回も観て楽しむよりも
もっと沢山の映画を観たいからそんな暇がないんだ。


大体、ラストの強張った手が元に戻り、引きずった足でスタスタ歩き出す。
めっちゃ分かりやすすぎだからね!

面白かったのはコバヤシが小林じゃねーよ!ってところぐらいかな。
posted by ひっきー | 12:30 | Hug a Movie | comments(0) | - |
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク | 12:30 | - | - | - |
コメント
コメントする










Search this site