<< 汗ビームとスパッツと赤粉 | TOP | tour de France >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
アートな気分【2】パペットアニメが見たい編
超久しぶりに気分別オススメ映画を更新しようと思います。今回はアート的な映画の第2弾として、前回の「絵画編」に続き今回は「パペットアニメーション編」をご紹介しようと思います。アニメと言うと子供の楽しむものというイメージがあるかも知れませんが、この世界は奥が深く、私はとても大好きなジャンルです。そういう訳でアニメの中でも、今回は特にパペットやクレイアニメを中心に紹介したいと思います。アニメーションはまた別に機会を設けてオススメするつもりでいます。大人も充分に楽しめるパペット・クレイアニメ、紹介したいと思います。

TYPE.1 「天使ガブリエルと鵞鳥夫人」(チェコ)


イジー・トルンカというチェコアニメの巨匠の作品です。ものすごくアヴァンギャルドな作品で、トルンカの中で私が最も好きな作品。何もかもがすごすぎて最初から最後まで画面から目を離せません。何がスゴイってもう一度見てみてくださいとしか言えない。一つ一つのディテールがハイセンスすぎて、眩暈がしてきます。しかも1964年の作品だっていうんだからもう愕然です。チェコアニメに共通して言える事ですが、本当にファンタスティックでエロティックなんです、アニメなのに。興味のある方は是非!



TYPE.2 「チェブラーシカ」(露)


その魅力的なキャラクターでご存知の方も多いと思いますが、実際映画をご覧になった方は意外に少ないのではないでしょうか?実はキャラの可愛らしさに勝るとも劣らない素晴らしい作品なんです、コレ。是非是非ご覧になる事をオススメします。誰の心にも必ず潜んでいる「良心」を具現化したようなチェブは見た目だけでなく、存在そのものが愛くるしくいとおしい。子供にも充分分かる内容と、大人にも充分伝わるメッセージ。これは生涯を通して何度でも見返したくなる素晴らしい作品です。同じカチャーノフの作品「レター」もオススメです。



TYPE.3 「ドンファン」(チェコ)


この監督に出会った時の衝撃、忘れられません。ヤン・シュヴァンクマイエルという非常に変わったオッサンです。この人の作る作品は本当にどこか飛んじゃってて、この独特の世界、恐らく拒否される人も沢山いると思います。私も最初はなんとなく苦手で逃げ腰になりつつも彼の作品を観続けました。観続けるうちどんどん彼の世界にハマっていってしまいます。その中でもこの作品は特にキッチュで滑稽で、私は大好きです。すごいよとにかく。他には超短編の「肉片の恋」や「棺の家」なんかもオススメです!



TYPE.4 「緑玉紳士」(日)


和製クレイアニメーションです。なんとこの監督、たった一人でこの作品を仕上げたんですよ!自主制作でここまでスゴイものが・・・!って観た後はしばらく胸のワクワクが消えなかったのを覚えてます。本当に細かいところまでこだわり抜いて作った感に溢れていて、監督の思いがぎゅうぎゅうに詰まっている、そんな素敵な作品です。音楽もまたとてつもなく良い。ただキャラの造形が弱い気がしました。キャラにもっと魅力があればもっともっと面白い作品になっていたと思います。



TYPE.5 「ミート・ザ・フィーブルズ 怒りのヒポポタマス」(ニュージーランド)


最後はものすごくヒドイ作品を紹介して終わろうかと思います。これはかのピーター・ジャクソン監督作品です。ヒドイんだよ本当にヒドイ。パペットが何してんだお前ら!!!ってぐらいヒドイ事を繰り広げるんです。滑稽な見てくれの人形でエログロやられるともうすごい違和感で、全然笑えないんだけど、それが逆にものすごく笑えてくる。人形がバッサーと切られたりするんだけど、血がドバーじゃなくて中の綿がブワーて感じ。興味ある人は観てみて下さい。保障はしませんけど。でも私の中ではアリです。



クレイアニメで有名な「ウォレスとグルミット」は私も大好きで全て観ているんですが、今回はあえてはずし、少しコアなものも紹介してみました。パペット系と言えばチェコやロシアが強いですよね、やっぱ。(私が新婚旅行にチェコに行きたい理由はここにあったりします。)でも意外に日本もスゴイんですよね。川本喜八郎さんだとか合田経郎さん(ドーモくんの生みの親)だとか日本でも素晴らしいパペットアニメを作る方がいらっしゃるんですよね。
これからも色々漁ってたくさん観たいなと思っています。みなさんも何か1本でもパペットアニメ見てみて下さい。そしてオススメがあったら是非教えて下さいね!
posted by ひっきー | 11:43 | 気分別オススメ映画 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク | 11:43 | - | - | - |
コメント
コメントする










Search this site