<< 美人は得か | TOP | 無理難題 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
木更津キャッツアイ ワールドシリーズ
木更津キャッツアイ ワールドシリーズ (2006/日)
監督:金子文紀
出演:岡田准一、櫻井翔、酒井若菜、岡田義徳、佐藤隆太、塚本高史 他

木更津キャッツアイ ワールドシリーズ

ドラマもちゃんと観てないし、(家にDVDあるくせに)日本シリーズも未見なのに、ワールドシリーズ観ちゃいました。でも予備知識ゼロとまでは行かないので、楽しめた事は楽しめたよ。

この作品、漂うものはどことなく「ピカダボ」と通ずるものがある。青春モラトリアムの終焉というか、そういうイッチバン切ないところを切り取ってる。そして「死」なんていうものすごくヘヴィなテーマを扱ってる割にはそこを笑いでオブラートして見せてる。だから、コテコテのベタベタで「ホラー泣けちゃうでしょ?」というおっぴろげ的な作りではない(韓国ドラマか映画のような挿話でそこら辺を皮肉ってる感じもしないでもないし)。そういう作りって、ぶっちゃけるとコーエン兄弟の模倣とも思える感じではあるんだけど、私は嫌いではない。
そして展開がまたタランティーノの模倣とも思える時間軸の使い方ではあるんだけど(ドラマの時の方が顕著だったのかな?)、私は嫌いではない。そういう映画的アプローチが目立つんだけども、映画という2時間前後で作品を収めなくてはならない場所では、クドカンの作品はちょっとコッテリしすぎている感が否めないかなー。要するにクドカンという人はアプローチは映画的なんだけど、でもやはり彼の土俵はテレビかなーという感じ。もうお腹がいっぱいになっちゃうんだよね、どうしても。

それから、もう笑いたくてしょうがないのに、映画館という特殊な空間ではやはり家で爆笑するような訳にもいかない。笑いを我慢しすぎて疲れる。という変なスパイラルが生じてしまいます。

ただ、作品に思い入れのある人が観ればもっと胸が苦しくなるような感覚は得られると思います。私ですらちょっと切なくなったくらいなので、あー終わったんだ・・・という祭りの後の寂しさみたいなものはあるんじゃないでしょうか。

やっぱり最後は「a day〜」が流れるんですが、声が若いなーと感じました。知らないうちに時間はどんどん流れていってるものなんですね。そこもまた切なさを倍増させる要因になってました(私的に)。

☆4

2006.10.19/ユナイテッドシネマ金沢
posted by ひっきー | 14:28 | 映画感想(劇場鑑賞) | comments(0) | - |
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク | 14:28 | - | - | - |
コメント
コメントする










Search this site