スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
絵本005「くだものさん」


No.005「くだものさん」
tupera tupera さく
学研プラス
2010年初版
ISBN 978-4-05-203297-4
2016.6購入


ペロッとめくると可愛いくだものさんたちが顔を出すしかけ絵本。
tuperatuperaさんの、あの独特で憎めない表情をしたくだものたちが
めくったページからひょっこり顔を出すと
めくる楽しさも相まって、赤ちゃんも思わず笑顔。
我が家の次男はめくった後もしっかり自分で閉じ、バイバーイと言います(*´-`)

現れるくだものの中にはちょっとしたサプライズもあり、緩急もついてます。
少し大きくなってからでも、くだものによって異なる葉っぱを観察する使い方も出来そうです。

絵本のサイズもそう大きくないので、おでかけに持っていくにも良いですよ。
posted by ひっきー | 17:10 | 絵本 | comments(0) | trackbacks(0) |
絵本004「くまとりすのおやつ」


No.004「くまとりすのおやつ」
きしだえりこ 文 / ほりうちせいいち もみこ 絵
福音館書店
2008年初版
ISBN 978-4-8340-2314-5
2015.11購入

福音館の幼児絵本シリーズ。
買った当時、3歳になったばかりの長男にはもの足りず
1歳になったばかりの次男には少し早すぎて
しばらく出番がなかったのですが
半年以上経ち、ようやく出番が回ってきたようです。

岸田衿子さんのおだやかで優しい文章は
読み聞かせている私の方まで優しい気持ちになれます。
そして堀内誠一さんとそのお嬢さんの共作の切り絵が、またなんとも味わい深い。

うつくしい日本語と、父娘の切り絵と。
長男が「これすてきなえほんやね」と言った、その言葉が全てかなと思います。
posted by ひっきー | 14:30 | 絵本 | comments(0) | trackbacks(0) |
絵本003「どどどどど」


No.003「どどどどど」
五味太郎 作
偕成社
1992年初版
ISBN 978-4-03-204660-1
2015.1購入

五味太郎さんの本はどれもこれも当然ながら本当に面白くて大好きなんですが
中でもこちらの本は特に好きな1冊です。
ドレミの音階のみを使った"音で構成された絵本"で
たったの7文字だけで度肝を抜かれる表現力。
シンプルで煩くないのに、色んなものがギュっと詰め込まれていて
これぞ絵本!という1冊です。
もう五味太郎さんてなんなんだろう?
私も息子も大好きな作家さんです。
posted by ひっきー | 00:58 | 絵本 | comments(0) | trackbacks(0) |
絵本002「こよみともだち」


No.002「こよみともだち」
わたりむつこ 作 / ましませつこ 絵
福音館書店
2006年初版
ISBN 4-8340-2240-4
2015.6購入

日本傑作絵本シリーズ。
季節やカレンダーに興味を示し始めたら、手元にあると嬉しい絵本です。
物事を教えるっていうのはその塩梅が難しくて
下手をすると子どもが拒否してしまったり…
その点、絵本で楽しみながら自然と物事を理解していくというのは私の中の理想。
この絵本はその月の特徴やイベントを端的に表現していて、文章もリズミカル。
最後のページには面白い仕掛けも用意されています。
本人や家族のお誕生日を覚えるのにも役立ってます。
posted by ひっきー | 12:07 | 絵本 | comments(0) | trackbacks(0) |
絵本001「コップちゃん」


No.001「コップちゃん」
中川ひろたか 文 / 100%ORANGE 絵
ブロンズ新社
2003年初版
ISBN 978-4-89309-301-1
2013.11購入

ブロンズ新社のファーストブックシリーズの中の1冊。
購入の動機は不純で、100%ORANGEさんの絵が可愛いから。
実際読み聞かせてみるとなんだか物足りない。
お話の流れもぶつ切りで唐突で、正直戸惑いました。
けれども絵本の読み聞かせに慣れていくと、幼児絵本とはそもそもそういうものなのだと分かり、自然と受け入れていくことが出来ました。
何よりこどもが喜ぶ。
「いないいないばぁ」、「ごろん」、「かんぱーい」、「とくとくとく(ジュースを注ぐ音)」など子どもが喜ぶ響きが盛りだくさん。
長男は2歳の頃には暗記してしまい、私と一緒に音読(読んでないけど)したり。
今では次男に読み聞かせすることも。
兄弟がいても一緒に読み聞かせを楽しめる1冊です。
posted by ひっきー | 10:11 | 絵本 | comments(0) | trackbacks(0) |
Search this site