スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
奈良旅行2日目
JUGEMテーマ:奈良県



◆猿沢池
中学校の修学旅行で集合場所になっていた猿沢池。
今改めて見ると面白い。
色んな言い伝えがあるんですねー。
芥川龍之介の「龍」という小説にもこの猿沢池が出てきます。
あーここにみんな集まって龍が出てくるのを待っていたんだなーって
フィクション小説に思いを馳せながらニンマリしてしまいました。

鳥が飛び立った瞬間…!



◆春日大社(世界遺産)
春日大社まではかなり距離があります。
奈良駅から猿沢池まで歩いてきたので、これでも結構歩いたと思うのですが
春日大社まではまだまだ距離があります。
でも天気も良く、気分も良いので全然気にならない。
むしろお散歩日和。


後ろの茶色い粒はう○ちじゃないよ、松ぼっくりだよ。

昨日も散々歩いた奈良公園をまた歩く。
奈良公園の中でも飛火野と呼ばれる一体は、殊更趣があります。

桜が舞い散る瞬間…!

春日大社は朱色が目に鮮やかな極彩色豊かな神社です。
この日はちょうど祝言が執り行われておりました。
新郎さんは海外の方でした〜。素敵♪

で、電池がない…!

春日大社では鹿みくじを買いました。
2人とも大吉で、ちょっと拍子抜け。
社をぐるりと一周し、春日大社を満喫しました。
ただ、残念だったのは藤の花が全く持って咲いていなかった事。
またいずれ、砂ずりの藤を見に、ここへ戻ってきたいと思います。


◆奈良県庁舎屋上
景色が抜群に良いと聞き、しかも入口にはせんとくんもいるという事なので
これは行かずに帰れない!という訳で県庁へ。
入口ではベタベタにせんとくんと写真を撮り
聖☆おにいさんでは、ブッダは額のポッチを押されて痛がっていたので
私もせんとくんのポッチを押してやった!!
亭主は各国首脳の握手のような格好で撮っていてウケた。

屋上に行くと、本当に奈良を一望出来ます。
奈良の大パノラマが広がっています。
ここでもやはり興福寺の五重塔は目立つ。そしてかっこいい。
警備のおじさんがいらっしゃったので、せっかくだからという事で2人の写真を撮ってもらった。
家に帰ってじっくり見たら、あるはずの五重塔が写ってなくて笑った。
おじさん、せっかくだから五重塔、入るように写してほしかったです・・・


◆Fluke
ようやくランチにありつけます。
今回の旅で、奈良っ子男子くんに色々穴場スポットなどを教えてもらったのですが
(お土産屋、食べ物屋、カフェ、撮影スポットなど、実に様々な情報をもらいました)
このFlukeというカフェももちろん教えてもらった場所です。
特にここは本当地元の人しかいないようなカフェだったので落ち着いていました。
ちょっと量が多かったですが、歩き疲れてカロリーを欲していた私たち、なんとか完食!
ここからまた奈良駅の方まで歩いてようやくマイカーに乗車。
法隆寺に向かいます。


◆法隆寺(世界遺産)


法隆寺は奈良公園周辺とはまた趣が全然違い
奈良公園、素朴でいいところだね〜と言っていたけれど
こちらはもっと渋くて落ち着きがある。
お土産屋さんも硬派なところが多い。
実はここでとうとう2人ともカメラの電源が底を尽きてしまい
あまり写真は撮れなかったのだけど
逆に落ち着いて見て回る事が出来たかな。

法隆寺でも色んな仏像を見て回ったんだけど
こちらの仏像は時代がまた少し違うのか、面白いほど面の表情が異なります。
もっとも顕著に違いが出ていたのは、面長という事かな。
全体的にふっくらしていた奈良公園周辺の仏像ですが
こちら法隆寺の仏像はストイックで痩せています。顔も細い。
おもしろーい!
こちらでは歴史教科書に必ず載っていた玉虫の厨子も見てきたよ!


桜も見頃な枝が多かったです。


奈良は案外近くて、また是非に是非に!行きたい場所。
ほっこりしていてのどかで、素朴で実直。
奈良って本当いいところ!
なにより歩いて観光出来るのが私には嬉しい。
2日目の歩数計は15296歩でしたー。

あと、サトコさんとT君には本当にお世話になりました。
よい旅が出来たのも2人のおかげ。
工場跡事務室は素敵なところだったので、今度は是非お2人で♪



◆おまけ

う○ち・・・


もっとご利益ありそうなものが買えなかったのか、我が夫よ…
posted by ひっきー | 20:11 | 奈良('11年4月) | comments(4) | - |
奈良旅行1日目
JUGEMテーマ:奈良県
◆朱雀門・平城京跡(世界遺産)
奈良県についてまず初めに行ったのが朱雀門。
道がよく分からず、なかなか近くに寄れない(汗
旅の開始早々、車内に不穏な空気が満ちて来る。
お互い嫌な予感を察知し、車窓から眺めただけで終了。
喧嘩回避。


◆ならまち

金沢で言うところの竪町的な、でももっと規模の大きい、
お洒落なカフェや雑貨屋が軒を連ねるならまち。

まずは腹ごしらえという事で、ならまちの外れにあるカナカナへ。
どうやらここはとーっても有名なところらしく、お店の前にはすでに行列が。
OPENは11時。そして今は10時55分!
タイミング的にはジャストなんじゃないかという事で、行列に並んでみる。
そして見事、OPENと同時に店内へ。
亭主は定食を、私はエビのカレーを食しました。

お腹も膨れ、次に向かったのは吉田蚊帳。
こちらで「ならまちふきん」とランチョンマット、コースターを購入。

お次はカウリという雑貨屋さん。
どうしても私が行きたかったお店。
ここでとーっても可愛いマグを見つけたんだけど
2つ買えば6,000円。今回の旅の予算を考えて、泣く泣く諦めました。

それから次に向かったのがジュエヌという、こちらも雑貨屋さん。
こちらで亭主はボタン(好きなんですよ、ボタン集めが)とバッヂを
私は昨日紹介済みの鹿の番いオブジェを購入。
お店は4Fにあるのですが、それまでの階段には沢山のディスプレイがしてあって楽しい。

人形のお洋服が干してある…!

次に向かったのがぜいたく豆本舗。
プチプライスで美味しそうな豆やおかきが買えます。
亭主は「豆将軍」というシリーズのネーミングがいたく気に入ったらしい。
いくつか購入しておりました。




◆古都奈良の文化財


▼興福寺(世界遺産)
興福寺へ向かいます。ランドマーク、五重塔があるので場所は分かりやすい。
こちらでは、ものすごくかっこいい阿修羅像を見に国宝館へ。
仏像って微笑んでいるか怒っているか、もしくは無表情か。
そういうイメージがありますが、この国宝館で見た仏像はなんとも表情豊か。
有名な阿修羅像の繊細な表情をはじめ、微妙な表情が沢山見られます。
虚しさとか苦しさとか、意思の強さとか、心の動きが見て取れるような表情をしている仏像が多い。
ある意味とっても日本的。
仏像ガールなるものも存在するらしいですが
なんとなく気持ちが分かる気がしたー。
仏像、イイ!

▼奈良公園
鹿と松ぼっくり祭り。
散り始めた桜も多く、ピンクの絨毯が広がるゾーンも。
広大な空間で大自然を満喫出来てとーっても心地よい。
大分歩いた事もあり、心地よい疲れも襲ってきます。

▼工場跡事務室
・・・という面白いネーミングのカフェへ。
東大寺の裏手にあります。
本当に工場跡をリノベーションしたカフェらしいです。
とっても素敵で穏やかな空間でした。
ランチが早めだった事もあり、少々お腹が減っていたので
コロッケパンとコーヒーを。

疲れた体にコーヒーが美味しい!

カフェの隣にはNATIVE WORKSという雑貨屋さんも。
亭主ドストライクの店で、ここでもまたボタンを買っていた。
私は木製のスプーンとフォークをお買い上げ。

▼東大寺(世界遺産)
大仏様も今回で3度目の参拝になります。
という訳で、最初は気乗りしていなかったのですが
ここまで来たのだからやっぱり拝んで帰りましょうという事で大仏殿へも。
何度見てもやっぱり大きいし、本当にどうやって作ったのだろうって何度も思ってしまう。
帰ってきてから知ったのですが
東大寺では借り入れをしてまで東北に1億円寄付されたそうです。
1300年前の恩があるとの事。
もっとお賽銭を入れてくればよかったと後悔。

▼二月堂
だいぶ陽も落ちてきたので、今度は二月堂を目指します。
夕日スポットらしく、喜び勇んで小高い丘を登る。
足の疲れも最高潮ですが、あまり気になりません。
二月堂からの眺めは本当に素敵でした。
奈良の都、1300年の歴史、ひしひしと感じます。

木戸に映る灯篭の影も素敵。

▼荒池
夕日が沈みきる前に、もう一つの夕日スポットに向かう。
足早に階段を下りたせいで、膝が故障したけど。
膝が故障!膝が故障した!と騒いだら
亭主が私を石段に座らせ、少しだけマッサージをしてくれた。優しい。

時折、どこからともなくゴーンと鐘の音が。

荒池からの五重塔。
奈良!!!って感じでしょ?


本日の奈良散策はこれで終了。
この日の歩数計は17,231歩を示していました。
わーい!たくさん歩いた!
posted by ひっきー | 19:14 | 奈良('11年4月) | comments(0) | - |
結婚記念旅行
JUGEMテーマ:奈良県


奈良県を旅してきました。
国内なので、海外の時みたいな大袈裟なものはしませんが
また2回くらいに分けて旅行記書こうと思います。




帰ってきてからディスプレイした奈良コーナー。
奈良公園でバカみたいに拾ってきた松ぼっくりと
吉田蚊帳で購入したコースター
そしてジュエヌで購入した鹿の番いのオブジェ。
posted by ひっきー | 17:26 | 奈良('11年4月) | comments(0) | - |
Search this site