スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
異色ウエスタン

 

今日はBS2で「レッド・サン」〜
黒澤×三船コンビ作品を観終わった今、若干ではあるけど映画テンション下がってます。
でも久しぶりにちょっと上がりそ。

画的になんかおかしいけど、でも楽しみ。
MI・FU・NE!!

posted by ひっきー | 15:17 | 黒澤・三船 | comments(0) | - |
鬼よりも怖いのが人なのだ
先日「羅生門」<デジタル完全版>を観てきた。
大感激!!
半壊した羅生門の圧迫感といったらもうもう!
鳥肌立っちゃった。
おうちでこぢんまり見ている映像とはやっぱり違うね。
パンフレットも買っちゃった。
復刻版プレスとセットで600円。

正直、ちょっと高すぎだとは思いましたが
やっぱり手に取って読んで見ると、手が震えたね。
今後これを読む時は手袋しなきゃだな。

黒澤×三船コンビの作品、これからも機会があれば映画館で観たい。
「野良犬」「赤ひげ」「悪い奴ほどよく眠る」「七人の侍」「椿三十郎」を観たいな。
あとNO MIFUNEだけど「生きる」と「一番美しく」も観たい。
posted by ひっきー | 17:41 | 黒澤・三船 | comments(0) | - |
待ち受けてます


一緒に着付け教室に通っている姉妹がお互いの待ち受け画面について話していました。
姉は堤真一、妹は加瀬亮が待ち受けなんだって。
んでお互いに「何ソレ!やっぱ堤さんやろー」とか「加瀬くんやろー」とか言ってる訳ですよ。

私の携帯にはもちろん、上のマイMI・FU・NEが待ち受けているんですが(いいっしょ、コレ!)
この姉妹も相当変わった人たちが待ち受けているんだなぁと妙に感心してしまいました。
posted by ひっきー | 16:44 | 黒澤・三船 | comments(6) | - |
デジタル完全版
20090227125647.jpg
家に帰ったら映画館からハガキが届いてました。
上映作品が都会とは数テンポずれてますけど、そこはしょうがないにしても
左下の方にめちゃくちゃ小さく表記してある

「羅生門」

の文字!!!
大興奮です。
とうとう黒澤映画を劇場で観られる時が来た(*´д`*)
もうね、デジタル処理を施して何がどうとか言う以前に
黒澤映画を劇場で観られるって事がまず興奮。
嬉しいー!!

公開は5月16日からなのでまだまだだけど
もう手帳に書いちゃった。
posted by ひっきー | 13:27 | 黒澤・三船 | comments(0) | - |
キネマ旬報
少し前の話になりますが、会社の女子社員一同から誕生日プレゼントを頂きました。
私たちの間では誕生日プレゼントはリクエスト制になっていて
去年は体脂肪率も計れる体重計とかもらってたんですが。
今年はまたすごいものをリクエストして一同から「は?」な目で見られる私。

「黒澤明コレクション」


8,000円なり。高!!!!!

キネマ旬報復刻版のセットで、中にはキネ旬が3冊収まっていました。


中を開いたら、文字・文字・文字!
MOJIだらけ!!!
ウヒョー!読めるのか私!と若干心配にもなりましたが
少し読んだら面白いのなんのって。

そのうちの1冊は赤ひげ特集みたいになっていて(真ん中のヤツ)
思わずヨダレが出そうになるほどかっこいい三船ちゃんの写真があちこちに!
なんか誰かを背負い投げしてるみたいな写真が
見開き全部にドーン!と載っていて、ギャーハ!MI・FU・NE!と一人お祭り状態。
早く赤ひげ観たい。でももったいない。
赤ひげ観たら終わっちゃう二人の共同作品が。
でも観なきゃこの本も読めない。ああああこの貧乏性、どうにかならないか私!
よし、観る!今年中には観る!決めた!
posted by ひっきー | 17:19 | 黒澤・三船 | comments(0) | - |
映画を愛した二人


「映画を愛した二人 黒澤明 三船敏郎」という本を読みました。
非常に面白かったです!
知ってるエピソードも結構あったんですが、知らないエピソードの方が断然多かったし
読んでたら本当泣けて泣けてしょうがなかった。
なんというのか・・・もうますますもって映画が好きになったよ!
そして黒澤さん。三船ちゃん。やっぱりあんたらは日本の宝だよ!
posted by ひっきー | 15:23 | 黒澤・三船 | comments(0) | - |
切手収集
会社で隣に座っている上司の趣味が切手収集なんですよ。
他にも競馬とかプロレスとか藤子不二雄が大好きな人で
私はその上司ととても仲良くしています。
その人は相当のメカオンチでPCとか超苦手なので
月に1回ぐらいの頻度でネット販売している切手を私が代わりに買ったりしてます。
その度に欲しい切手があったら買ってあげるからいいなさいって言われるんだけど
そんなもんないし!って事で毎回断ってたんですが
実は今朝その上司が
「ホラ、この切手ほしいでしょ?あげるよ」
と言って切手を持ってきた。
「いやいや、だから・・・」

て、エ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

見るとそれは目が飛び出るかと思うほど素晴らしい切手なんですよ。
これね、これ。
ジャーン!(ジャーンて…)



「七人の櫻井・・・普通に素で打ち間違えた

「七人の侍」切手!!!!!!!!!!!
スゲェェェェェェェェ
朝から大興奮。
どしたの?これ。ねぇどしたの?って聞いてみたら
数年前発行されてた「20世紀デザイン切手」のうちの一つだって言う。
ちょ、マジかよ!
その切手だったら、会社でもバンバン使ってたのにー。
知らず知らずのうちに使ってたんだな三船切手。
自分が信じられない。
今だったら全部買い取ってたな。

でも1セットだけでも手元に残せるなんて超嬉しい。
ありがとう上司!大切にするね!
posted by ひっきー | 10:16 | 黒澤・三船 | comments(2) | - |
何が映画か
ここ数年、本当に本を読まなくなってしまったんですけど
先日「ジブリ美術館」で本を買ったので、久しぶりにそれを読んだ。



黒澤明と宮崎駿の対談本なので、「本」としては読み応えはあまりなかったのですが
こんな凄い映画人二人が映画について語り合うというのはやっぱり凄い。
正直なところ宮崎さんは聞き手にまわっていて、対談というよりインタビューって感じなんですが
黒澤監督がどれだけ映画に対して真摯だったかというのが本当によく分かりました。

あとがきの宮崎駿独断場も非常に面白かったし
付録で「七人の侍」の助監督、廣澤榮さんが稿を寄せているのも面白い。
ちょっとね、泣いちゃったくらい。
改めてもう一度「七人の侍」観たら、違う観点で見られると思う。
また近いうち観てみようっと。


本を読む時間があまりないんだけど、映画の本はもっと読みたいと思った。
映画がまた数倍面白くなると思う。
posted by ひっきー | 11:11 | 黒澤・三船 | comments(2) | - |
マイベスト
先日「七人の侍」を観ました。
感想はとりあえずシネスケのリンク貼ります。

「七人の侍」感想(一応ネタバレはしていません)

まぁ一言で言うと、「漢」だ。
漢の、漢による、漢のための映画だ。
私が入り込む隙間なんてないような超最強娯楽男ムービーだ。

という訳で、まずは彼氏に無理やり見せた。
昨日見たらしく、観終わった瞬間電話をかけてきた。
「どうだった?」
と聞いたら
「・・・圧倒されたわ」
と一言。
むーん。良い一言だ。
圧倒。

その後ベラベラと感想をまくし立てていたところをみると
なかなか心に残る映画だったんでしょう。
「僕の好きな映画ナンバー2になったわ!」
と言っていたので相当です。
ナンバー1は聞かなくても分かってるんですが、「天空の城ラピュタ」です。
「ちなみにナンバー3は?」
と聞いたら
「スターゲイトや!」
って・・・
ふざけたベスト3やなぁ。
でもそうやって自分の中でベストが決められるってスゴイなぁ。
私はマイベスト映画を1本に絞れないや。
順番関係なく羅列するんだったら
「東京物語」
「近松物語」
「醜聞」
「無法松の一生」
「わが町」
かなぁ。
「わが町」で辰巳柳太郎さんが演じた役と無法松はどことなく似ていて
気になっている役者さんの一人なんですが
「黒部の太陽」で三船さんと共演してるんだってね!
この映画、どうにかして観たいんだけど(まだ先でいいけど)
映画専門チャンネルにリクエストしても無理かな。
つか「黒部の太陽」ドラマでリメイクって本当か?
しかも香取主演なんでしょ?
そりゃもちろん観たいけど、やっぱり当然の事ながらオリジナルが観たいし
リメイクするんだったらもうオリジナルだってテレビ放映しちゃえよ!と思う。
まぁDVD出してくれてもいいんだけどさ。
posted by ひっきー | 09:44 | 黒澤・三船 | comments(0) | - |
お気に入りの1枚
三船敏郎があまりにかっこよすぎて、最近よく画像とか探し歩いてるんですが
かなりお気に入りの1枚を見つけてしまいました。
それがコチラ。





「羅生門」撮影時のものなんですが、かなりいいと思いません?
昔の銀幕スターと呼ばれる人たちのこういうオフショット的な画像ってあまり見つけられないので
これを見た時はかなりテンション上がりました。

特に京マチ子が可愛すぎる・・・!
このハシャギっぷりはオフショットならではですよね。
てか、マチ子さん・・・森さんの足踏んでません!?


そして志村喬さんと森雅之さんの、ちょっと恥ずかしげな表情も良い。
(森さんは足が痛かっただけなのかな?)
すごく真面目な方たちだったんだろうなって想像出来ます。

加東大介さんのおどけっぷりや、千秋実さんの乙女っぷりもなんだか可愛い。

三船さんはもう多襄丸そのまんまじゃん!て感じ。
ていうか、多襄丸が三船さんそのものなんだろうね。


なんか本当にいいなー。こういうショット。
映画の中でしか知らない人たちをこういう風に見られるのは嬉しい。
posted by ひっきー | 11:01 | 黒澤・三船 | comments(4) | - |
Search this site